英語がダメでも外資系企業で働ける?求められる英語力と転職方法

「外資系企業で働いてみたいけど、英語力に自信がない」

そんな方のために記事を書きました。

本記事のまとめ
  • 外資系企業で求められる英語力は企業やポジションによって違う
  • とはいえ、ゼロではダメ。TOEIC800点は欲しい
  • 短期間で英語力アップを目指すなら英会話スクールを使う
  • 外資系企業への転職活動は転職エージェントを使う

これから外資系企業で働いてみたい、転職してみたいという方はぜひ最後までご覧ください。

著者のプロフィール
MASA
  • カナダに海外留学(NYITのMBA取得)
  • 外資系企業3社経験(金融業界)
  • 田舎で起業(WEB関係やってます)
目次

外資系企業で求められる英語力

結論→求められる英語力は企業やポジションによって違う

求められる英語力は、勤務する企業やポジションによって違います。

外資系企業だからといって必ずしも英語がペラペラである必要はありませんので安心してください。

ケース①:企業によって違う

「外資系企業=外国人だらけ」と思うかもしれませんが、オフィス内に日本人しかいない外資系企業もあります。

その場合、オフィス内のコミュニケーションは日本語。

英語を話す必要がなく、社内は日系企業のような雰囲気ですので、イメージしている外資系企業とは違った印象をうけるかもしれません。

ケース②:ポジションによって違う

例えば、国内のクライアントを対象にした営業職の場合、日常的に英語を使う機会はありません。

外資系企業というのは名前だけで、ほぼ日本語だけで仕事が完結してしまう場合が多いです。

ポジション例

外資系生命保険会社の営業職など。

英語を使う機会の大半はメールや社内文書

外資系企業は、海外に上司や同僚がいるのが大きな特徴です。

彼らとのコミュニケーション(業務報告、共同プロジェクトの運営など)の大半はメールやチャットとなり、そこで英語を使うことが求められます。

また、社内規則やマニュアルなどは英語で書かれた共通文書を利用していることが多く、それらを読む英語力も必要となります。

日本人が比較的得意としている「英語を読む・書く力」が外資系企業の現場では求められます。

TOEIC800点台は一つの目安

海外とのメール、チャットのやりとりをする際の英語力ですが、肌感覚としてTOEIC800点台のスコアがあれば十分業務はこせます。

業界によっては専門用語が飛び交ったり、社内独特の表現が使われる場合がありますが、働いているうちに自然と覚えていきますので不安になる必要はありません。

役職が上になるとスピーキング・リスニング力も必要となる

上の役職(マネージャー以上)となると、海外のマネジメント層や上司と直接やりとりする機会が増えます。

海外出張、テレビ電話会議、来日の際のアテンドなど、高いスピーキング、リスニング力が求められます。

色んな国籍の人がいる場合、それぞれの英語のクセや訛りを理解する必要があります。

本当に大切なのはコミュニケーション能力→「正しく伝える力」

ただ単に英語がうまい、というスキルは外資系企業ではあまり役に立ちません。

それよりも、「情報を正しく伝える力」が求められます。

「何が起こり、何が問題になっていて、何が必要なのか」

それらの情報を齟齬がなく海外のメンバーに伝え、仕事を前に進めることができる力。

つまり、「きちんと”事実”と”主観”を分けて話せる力」です。

単純なTOEICのスコアの高さではありません。

これが外資系企業で求められる高いコミュニケーション能力です。

英語力がゼロだとどうなるのか?

英語力が全くのゼロだと外資系企業で働くのは厳しいと思います。

選考を突破する可能性が低く、仮に入社できたとしても、そこから苦労することが予想されます。

まずはコツコツでもいいので英語力を身に着けることから始めましょう。

外資系企業で通用する英語力を身に付ける方法

基礎から英語力を身に付けるには、英会話スクールがオススメです。

オススメする理由
  • 短期間で結果を出せる
  • サポートが手厚い
  • 投資金額が高いため強制力がある

プログリットの場合、3ヶ月で結果がでるカリキュラムになっていますので、これから外資系企業への転職を考えている方とは相性がいいと思います。

「英語を上達させたいけど、何をしたらいいのかわからない」という方は、一度無料カウンセリングを利用してみてもいいかもしれません。

PROGRIT公式サイト

\ 無料カウンセリングを受ける /

オンライン英会話で外国人に慣れてみよう

すでにある程度英語力には自信がある人であれば、事前に外国人とのコミュニケーションに慣れておくといいと思います。

普段外国人と話す機会がないという人は、オンライン英会話を利用してみてはいかがでしょうか。

自宅からでも気軽に始めることができ、価格もリーズナブルですのでオススメです。

オンライン英会話の中でもトップクラスに使いやすいのはDMM英会話

これまでオンラインを使ったことがない人は、まずはここから始めてみてもいいのではないしょうか。

DMM英会話公式サイト

\ 無料体験レッスンを受ける /

外資系企業への転職活動は転職エージェントを利用する

外資系企業に転職するのであれば転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用する理由
  • 非公開求人にアクセスできる
  • 担当コンサルタントがマッチングする求人案件を探してくれる
  • 年収や待遇などの交渉を代わりにやってくれる
  • 利用は無料

個人的にオススメする転職エージェントはJAC Recruitment。

外資系企業の求人案件に強く、無料登録しておくとレベルの高い非公開求人案件を紹介してくれます。

JAC Recruitment公式サイト

\ 無料で相談する /

オススメの転職エージェントはコチラの記事を参考にして下さい

まとめ

外資系企業では英語がペラペラでなければいけないというイメージがあるかもしれませんが、実際は企業やポジションによってばらつきがあります。

不安な方もいるかもしれませんが、そこまで深刻に考える必要はありません。

ただ、英語力が全くのゼロだと外資系企業への転職は厳しいのは事実。

また、外資系企業に転職したあとも、引き続き英語のブラシュアップは必要です。

今の段階からコツコツと英語力をアップさせておくと、これからの転職活動を楽に進めることにつながります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる