【※最新】20代で外資系企業への転職を成功させる転職エージェント・転職サイトとは?

「20代でも外資系企業への転職を成功させたい!」

そんなあなたの悩みを解決するべく、20代にオススメの転職エージェント・転職サイトをご紹介します。

これからの外資系企業への転職活動のお役にたてれば幸いです。

著者のプロフィール
MASA
  • カナダに海外留学(NYITのMBA取得)
  • 外資系企業3社経験(金融業界)
  • 田舎で起業(WEB関係やってます)
目次

20代にオススメの外資系に強い転職エージェント

JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

JAC Recruitment公式サイト

外資系企業に強い転職エージェントといえば、JAC Recruitmentです。

世界11カ国に広がる独自のグローバルネットワークがあり、外資系企業、海外進出企業の給仕案件が豊富です。

年収アップを実現させた転職実績も多く、信頼度が高い転職エージェント。

今すぐ転職活動を進めなくても、まずは今後のキャリアアドバイスの相談に乗ってもらうことも可能です。

\ 無料で登録する /

Robert Walters(ロバートウォルターズ)

Robert Walters公式サイト

外資系企業で働く人にとってはおなじみの転職エージェント。

1985年に英国ロンドンで設立された人材紹介会社で、世界有数のグローバル企業をはじめ、ベンチャー企業や中小企業に至るまで、幅広い企業の求人を取り扱っています。

レベルの高い、ハイクラスな求人案件を取り扱っています。

外資系企業に転職するなら必ず登録しておきたい転職エージェントの一つです。

\ 無料で相談する /

Recruit Agent(リクルートエージェント)

Recruit Agent公式サイト

国内で圧倒的なブランド力を持つリクルートのエージェントサービスです。

国内はもちろん、外資系企業の案件にも強いです。

専門のコンサルタントのサポートも厚く、言い出しづらい年収や条件なども任せられます。

転職支援サービスは無料ですので、気軽に相談にのってもらいましょう。

\ 無料で相談する /

KREIS&COMPANY(クライスアンドカンパニー)

KREIS&COMPANY公式サイト

ハイクラスな求人案件を取り扱っている転職エージェントと言えばクライスアンドカンパニー。

紹介先一覧に掲載されている企業は、一度は耳にしたことがある憧れの企業ばかり。

まずは気軽に相談したい方も対応可能。

20代のうちからハイレベルな環境を求める方にオススメの転職エージェントです。

\ 無料で相談する /

転職エージェントを最大限に活用するコツ

  • 複数の転職エージェントに登録する
  • 気になったことは何でも相談する
  • 求人案件を妥協しない

20代にオススメの外資系に強いスカウト型転職サイト

RECRUIT DIRECT SCOUT(リクルートダイレクトスカウト)

RECRUIT DIRECT SCOUT公式サイト

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円~2000万円台のハイクラス求人を取り扱っているスカウト型の転職サイト。

20代でもより大きなフィールドで活躍したい方にオススメです。

登録(無料)すると非公開求人にアクセスできるだけでなく、スカウトを受けることができます。

\ 無料で登録する /

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH公式サイト

ビズリーチは、優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く転職サイトです。

年収1,000万円以上の求人が3分の1以上と公式サイトに記載があり、外資系企業などのハイクラスな求人案件を取り揃えています。

これからアグレッシブに年収をアップさせたい20代の方にオススメです。

4600人ものヘッドハンターが登録しているので、優良求人案件を探しているのであれば登録は必須。

\ 無料で登録する /

20代が外資系企業で求められる3つのスキル

  • 英語
  • コミュニケーション能力
  • ストレスへの耐性

求められる英語力→「企業やポジション次第」

外資系企業=高い英語力が求められると思いがちですが、実際はそうではありません。

転職する企業やポジションによって求められる英語力に大きな違いがあります。

例えば、日本国内のクライアント開拓をメインとなる営業職の場合、仕事上で英語を使う機会はそんなにありません。

逆に、金融系のミドル・バックオフィスであれば、高い英語力が求められます。

転職エージェントを利用して転職活動を進めるのであれば、転職エージェントを通じてどれくらいの英語力が求められるかを確認すると確実です。

参考記事はコチラ

求められるコミュニケーション力 → 「正確に情報を伝える力」

コミュニケーション能力=英語がペラペラではなく、正確に情報を伝える能力を指します。

例えば社内でトラブルが発生した際、「何が起こり、何が問題になっていて、何が必要なのか?」を正確に伝えること。

もっと解像度を上げて言えば、事実と主観を整理し、きちんと区別した上で相手に伝える能力が求められます。

外資系企業では多国籍なメンバーと共に仕事を進めるので、こうしたコミュニケーション能力は必須です。

ストレスへの耐性→「長時間労働も受け入れる」

時にハードワークが求められるのも外資系企業の特徴。

例えば、アメリカやイギリスのメンバーと会議をするとなると、真夜中でも関係なく仕事をする必要があります。

しかも、高いパフォーマンス、結果も求められるので、かかるストレスは非常に大きくなります。

そのような状況においても、常に普段通りのパフォーマンスで仕事ができる能力が外資系企業では求められます。

20代で外資系企業に転職するのメリットとは?

  • 年収が高い
  • 成長できる環境
  • キャリアの可能性が広がる

外資系企業は年収が高い

日系企業と比較した際、外資系企業の年収が高いのが特徴です。

20代のうちに転職しておくと、その分だけ早く高い年収を手にすることができます。

僕の場合、20代で外資系金融の会社に転職。年収600万円以上を達成することができました

僕が実際に利用した転職エージェントはコチラ

外資系企業は成長できる環境である

ハードでタフな環境ですが、外資系企業は成長できます。

世界の優秀な人たちと共に仕事を進め、そして、結果を出さなければいけないプレッシャーの中で仕事をする。

20代のうちに得られるインプットとしては、これ以上ないものだと思います。

同世代よりも早く、大きく成長したいなら外資系企業は選択肢の一つとしてアリです。

キャリアの可能性が広がる

外資系企業で働いたことがある経験は、キャリアの可能性を大きく広げます。

英語を使い外国人と共に働いた、海外との共同プロジェクトを前に進めた、タフな環境で仕事をした。

外資系企業で歩んだキャリアは、「自分ができること」を第三者に証明する最高の証です。

転職活動の際に有利に働き、これからのキャリアの可能性が大きく広がるはずです。

20代で外資系企業に転職するデメリットとは?

  • クビ・リストラのリスクがある
  • 日本を撤退した場合、職を失う
  • 福利厚生がイマイチ

クビ・リストラのリスク→「自分次第」

外資系企業といえば、クビ・リストラのリスクが高いと思われがちです。

僕の経験上、想定しているよりはクビ・リストラになることはありません。

ですが、求められるパフォーマンス(結果)が出せなければ、クビ・リストラも覚悟しておかなくてはいけません。

結局は「自分次第」ということですので、ある意味、フェアな環境であるともいえます。

日本撤退のリスク→「ないこともない」

これから外資系企業に転職する方が気にすることの一つが「日本撤退リスク」。

勤務する外資系企業が日本から撤退ということになると、その瞬間から職を失うことになります。

ただ、外資系企業が日本を撤退するということは滅多にあることではありません。(スタッフ総勢数名レベルの外資系企業は除く)

逆に、日本撤退が理由で転職活動をすることになったのであれば、真っ当な退職理由が見つかるので、それはそれで転職活動がやりやすくなる側面もあります。

福利厚生がイマイチ→「その代わり年収が高い」

大手の日系企業などでは当たり前の「住宅手当」や「退職金制度」のような福利厚生が整っていません。

その代わり、年収は高いので、そこでトレードオフができると考えていいでしょう。

まとめ

20代のキャリアの歩み方がその後の人生を大きく左右するといっていいくらい、20代は大切な時期になります。

外資系企業にチャンレンジし、たくさん経験を積むと、これからのキャリアの可能性が大きくアップするはずです。

今回ご紹介した20代にオススメの転職エージェント・転職サイトをぜひ活用して、外資系企業への転職を成功させてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる