【本当に必要?】TOEIC800点以上あれば外資系企業に転職できる?

「TOEIC800点以上あれば外資系企業で働けるの?」

「外資系企業に転職するなら、最低でもTOEIC800点以上は欲しい?」

そんな疑問にお答えします。

結論からいえば、TOEIC800点以上の英語力があれば転職の際に英語力を証明する大きな武器になります。

ですが、何点以上あれば外資系企業への転職に有利になるといった明確な基準はなく、選考の過程では実践で使える英語力(=コミュニケーション能力)の方が重視されます。

また、

  • 海外で生活していた経験がある人
  • 海外留学経験がある人
  • 海外勤務経験がある人

このような人の場合、「英語は話せて当然」と見られるので、面接で英語力やTOEICのスコアを触れられない場合もあります。(場合によっては、海外のマネージャーとテレビを通じたインタビューで英語力をテストされることもあります)

いずれにしても、TOEIC800点が選考の過程において何かしらのボーダーラインとして存在しているわけではありません。

あくまでも、外資系企業で日々働くために必要な英語力を数値化した場合、

「これくらいあれば大丈夫だろう」

という目安のひとつです。

TOEICが満点でも英語が話せない人もいますし、TOEICを受けたことがない人でも英語がペラペラの人もいます。

TOEICのスコアに縛られるのではなく、英語を使った対人コミュニケーション能力を高めるようにした方がよっぽど実践的です。

目次

外資系企業の社内ではTOEICの点数は気にしない

外資系企業の社内でTOEICの点数が話題になることはありません。

そもそも、外資系企業=英語を使って仕事をするのが当たり前の職場ですから、

英語はある程度話せて当然

という雰囲気です。

これまで3社の外資系企業で働きましたが、海外の上司や同僚からも

「TOEICの点数はどれくらい?」

と聞かれたことは一度もありません。

TOEICの点数を気にしない理由

結論、コミュニケーション能力とTOEICの点数との相関関係がないからでしょう。

現実の世界では、TOEICの点数が高い人全員がコミュニケーション能力が高いわけではありません。

昔、TOEIC満点の人と一緒に仕事をしたことがあるのですが、お世辞にも英語を使ったコミュニケーション能力はそこまで高いとは思いませんでした。

結局、実践で通じるコミュニケーション能力というのは、テストの点数で測れるようなものではありません。

それよりも、長年培ってきた対人関係を構築する力、いわゆる「人間力」に大きく依存するものだと思います。

ただし、選考段階ではTOEICの点数をチェックされることもある

外資系企業の選考の段階ではTOEICの点数をチェックされることはありました。

ただし、その場合は日本人の方が採用の責任者となっていて、書類の段階で応募者をふるいにかけるためだったと思います。

例えば、TOEIC600点台の人と800点台の人とでは、明らかに持っている英語力に差があります。

採用された後、どちらがスムーズに仕事への溶け込むかどうかを考えれば、どうしてもTOEIC800点台の人の方が採用の可能性が高くなります。

そういった意味では高いTOEICのスコアを持っていて損することはありません。

外国人上司との面接で英語を使ったコミュニケーション能力を評価されることもあります。

帰国子女や海外留学経験者はTOEICの点数は気にしない!?

海外で生活していた経験がある人の場合、

「英語を使って仕事をするのは特に問題ないよね!?」

と、TOEICの点数については特に触れられない場合があります。

英語を使って外国人と日常的にコミュニケーションをとってきたことの証明になっているからだと思います。

外資系企業で働くならTOEIC800点レベルの英語力は欲しい

これまでTOEICの点数不要論のような形で話をしてきました。

ですが、個人的な肌感覚としては、TOEIC800点以上のレベルがなければ外資系企業で問題なく働くのは少ししんどいかなと思います。

一般社団法人国際ビジネスコミュニケーション協会によると、

海外部門の社員に期待するTOEIC L&Rスコアは570~810点

https://www.iibc-global.org/toeic/corpo/case/com/expatriate.html

としていますので、日常的に英語を使う外資系企業においては800点越えは欲しいところです。

一般社団法人国際ビジネスコミュニケーション協会

また、

TOEIC Programを実施している企業・団体の5~6割が、海外出張や赴任者の選抜時にスコアを要件または参考としています。

https://www.iibc-global.org/toeic/corpo/case/com/expatriate.html

とあります。

外資系企業内において海外出張などの機会もありますので、客観的に英語力を証明するためにもTOEICのスコアはもっておいた方がベターです。

一般社団法人国際ビジネスコミュニケーション協会

ちなみに、特に僕がいた金融業界の場合、専門的な英語を使うことが多く、話の内容も複雑になることが多かったです。

高い読解力、そして、それを噛み砕いて伝える力が、日本語と英語共に求められました。

これから外資系金融業界もしくは外資系企業に転職する人は、TOEIC800点越えを目標に英語の勉強をスタートさせるといいと思います。

TOEICの点数をアップさせるスクールのご紹介

本記事のまとめ

まとめ
  • TOEIC800点は英語力を証明する武器!
  • 外資系企業はTOEICの点数よりも実践で使えるコミュニケーション能力!
  • 外資系企業で働くならTOEIC800点越えの英語力は欲しい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる