英語は「やりたかったこと」を叶えるための手段(ツール)であって、それ自体が目的ではない

MASAです。

英語を話せるようになりたいのはわかるけど、結局何がしたいの?

ここが明確になっていない人が多いような気がしてなりません。

もしかして、あなたもそうですか?

だとしたら、ちょっとまずいかもしれません。

英語を話せるようになった後の世界を考えていますか?

意外と多いんですよね。

英語を話せるようになるということが目的化してしまった人って。

例えば、英語が話せるようになって、

  • 外資系企業で働きたい
  • 海外で働いてみたい
  • 海外に移住してみたい
  • 世界一周をしてみたい

こういうのはわかります。

〜がしたいから、英語が話せるようになりたい。

「手段」と「目的」がしっかりと別れていて明確。

これは英語の勉強のモチベーションが続きます。

でも、

英語が話せるようになりたい、以上!

このような場合、英語を話せるようになった後の世界について何も考えていません。

それでは将来を想像してワクワクすることもありませんし、モチベーションが続くこともありません。

ただ、義務感で英語の勉強をやっている。

そういう状態です。

義務感で取り組んでも上手くいくことはない

義務感。

これは誤った英語学習をスタートを切ってしまった人が持つ感情です。

本来であれば、

I want to do this(これがやりたい)

という熱い情熱があるはずなのに、

I should do this(これをやるべきだ)

という感情がそこにはあります。

やらなきゃいけない、やらなきゃまずい。

こういう感情で物事をスタートさせてうまくいくはずがありません。

あなたも、英語の勉強に挑む際、どこか義務感のような感情を持って取り組んでいませんか?

義務感が生まれてしまうメカニズムとは?

なぜ義務感のように感じるのか。

結局、自ら能動的にやってみようとおもったのか、それとも周囲の環境によってそう思わされたのか、その違いだけです。

具体的な例を挙げてみると、

  • 仕事でTOEICのスコア取得が義務付けられた
  • TOEICのスコアがあれば就職活動で有利にすすむと聞いた
  • 英会話くらいできないとやばいと周りの人に言われた

あなたも見覚えがありませんか?

これらに共通していることは、

どこにも「want to (やりたい)」という感情がない

ということ。

自分の中から「want to」の感情が芽生えていなければ、やる気になるはずがありません。

これが義務感が生まれるメカニズムです。

まとめ

英語はあくまでも「やりたかったこと」を叶えるための手段(ツール)であって、それ自体が目的ではありません。

「英語学習でモチベーションが上がらない」

そんな悩みを抱えている人は、もう一度自分の目的を振り返って見てください。

もし、義務(should do)で英語を勉強しているのなら、

なぜ英語が話せるようになりたいのか?

ここをしっかりと自分の中で明確化しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です