【英会話初心者向け】英語の一言目の挨拶は「How are you?(ハウアーユー)」でオッケー!

英会話初心者が困るのが外国人と出会った後の挨拶。

「何を言えばいいの?」

「何を話せばいいんだろう?」

そんな風にあれこれ考えてしまって、結局何も話せない。

英会話初心者の方であればそんな経験あるのではないでしょうか?

そんな場合に使いたいフレーズが「How are you?」。

今回は「How are you?」のフレーズについて解説をします。

英語の一言目の挨拶は「How are you?」でオッケー

外国人と出会ったあとの一言目の挨拶。

ここは

How are you?

と言うのが正解です。

翻訳をすると「お元気ですか?」という意味になります。

仲の良い友人の場合、「調子どうですか?」「元気?」という意味になります。

英会話の挨拶の場合、「How are you?(お元気ですか?)」で始まるのが鉄板です。

外国人を目の前にして

「どうやって挨拶をしたらいいのかな?」

そんな風に悩んでいるのであれば、「How are you?(お元気ですか?)」を積極的に使いましょう。

「How are you?」を使うと会話がスムーズに進む

「How are you?」と聞くと、相手は必ずその答えをあなたに返してきます。

具体的に言えば、

  • I am fine.
  • Pretty good.
  • I am ok.
  • Not bad.

だいたいこれらのフレーズのどれかを返して来ます。

つまり、相手の回答をある程度予測できるということ。

予測ができるということは、それに対する回答をあらかじめ用意することができます。

もし、「I am fine.」と返して来たら「Good!」と返事ができますし、逆に「Well, not so good…」と返して来たら「Why? What happened?」と会話を続けることができます。

英会話初心者が英会話で困る理由の一つが「相手が何を話してくるかわからない怖さ」だと思います。

こちらから「How are you?」と話しかけることにより、相手からの回答をコントロールすることが可能となります。

英会話をスムーズに進めるためのテクニックの一つです。

相手から「How are you?」と聞かれた場合

「How are you?」と聞いたあと、相手から「How are you?」もしくは「How about you?」と聞かれることがあります。

その場合、

  • I am fine.
  • Pretty good.
  • I am ok.
  • Not bad.

これらのフレーズの中から今の自分の状態に一番近いフレーズを回答しましょう。

中学校、高校で学ぶ回答の大半は「I am fine.」ですので、つい「I am fine.」を多用してしまいがちです。

せっかくなので、他のフレーズも使うようにしましょう。

自分の中の英会話のボキャブラリーを増やすことができます。

より自然な「How are you?」の使い方

「How are you?」の前に「Hi!」や「Hello!」をつけると自然です。

  • Hi! How are you?
  • Hello! How are you?

こんな風にフレーズの最初に「Hi!」や「Hello!」をつけましょう。

いきなり「How are you?」から会話を始めるよりも自然です。

「How are you?」をチャットで使うと?

英会話のチャットでも「How are you?」は最初に送るメッセージとして使います。

チャットでは、

How r u?

と書く人もいます。

これは「How are you?」を短縮した書き方になります。

意味は「How are you?」と同じです。

まとめ

以上、「How are you?」のフレーズについて解説をしました。

お気づきかもしれませんが、「How are you?」を使った会話はテンプレート化しています。

慣れてくれば何も考えなくても「反射」だけで話すことができます。

英会話は最初の挨拶が肝心です。

しっかりと「How are you?」を使いこなすことが英会話上達の第一歩となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です