海外に出て初めてわかった日本人が英語を話せない理由とは?

「学校で何時間も英語を勉強しているのに、全然英語が話せるようになっていない。。。」

「あれほど学校で英語を勉強したのに、海外旅行に出かけた時に何も英語がわからなかった。。。」

そんな悩みを抱えたことはありませんか?

不思議なもので、日本人は学校で何年も英語を勉強しているにもかかわらず、いざ外国人を目の前にすると英語が話せません。

それはなぜなのか?

今回は、日本人が英語を話せない理由について解説します。

日本人が英語を話せない理由

日本人が英語を英語を話せない理由を大きくまとめると、

  1. 環境(Environment)
  2. 機会(Opportunity)
  3. 文化(Culture)

以上の3つの理由(勝手に”EOC”と名付けます)から英語が話せないと考えます。

詳しく解説します。

英語が話せない理由①:環境(Environment)

日本人が英語を話せない理由の一つが「環境」です。

いったいどういうものなのか、ざっくり挙げてみると、

  • 英語が話せなくても生きていける
  • 和製英語が蔓延している

一つ一つ見ていきましょう。

日本は英語が話せなくても生きていける環境

最近、英語が話せなくて困ったことはありますか?

おそらく「困ったことがある」と回答をする人の方が稀でしょう。

なぜなら、日本に住んでいる限りは英語が話せなくても何不自由なく生きていけるからです。

英語なんて話せなくても大丈夫。

英語なんて喋れなくても困らない。

このような環境にいるわけですから、英語が話せるようにならなくて当然です。

一方、海外に飛び出せば英語が話せなければ死活問題です。

公共交通機関を利用する時、アパートの契約、電気・水道の契約、レストランでの注文など、どんな場面でも英語が話せなければ何も始まりません。

僕はTOEIC模擬試験200点台で海外留学に飛び出しましたが、最初のうちは周りの人が何をしゃべっているのか全然理解できず、

「英語が話せなきゃヤバイ!」

という危機感でいっぱいになりました。

これくらいの危機感を持つ環境にいるからこそ、英語が話せるようになるための努力が出来るのだと思います。

日本では不自由さを感じることがない反面、「英語を話せるようになろう」という強いモチベーションを持ちにくい環境なのです。

和製英語が蔓延している環境

日本では、日本でしか通じない和製英語が蔓延しています。

【代表的な和製英語】

  • アルバイト
  • サラリーマン
  • ズボン
  • スーパー

おもわず英語として使ってしまいそうになりますが、海外で使うとネイティブから「?」と首を傾げられてしまうので注意が必要です。

例えば、

I forgot to bring my zubon(ズボン).

このような英語を話しても、海外では誰も理解してくれません。

日本人はガラパゴス化した日本語英語を日常的に使っています。

それがかえって英語を話せるようになるスピードを阻害している部分があります。

英語を話せるようになるためには、まずは和製英語を忘れ、「正しい英語」をしっかりと学習するところからスタートしなければいけません。

英語が話せない理由②:機会(Opportunity)

二つ目の理由が「機会」です。

  • 英語を話す機会の少ない英語の授業
  • 英語を使う機会を提供しない学校

解説をしていきます。

英語を話す機会が少ない英語の授業

学校の英語の授業を思い出してみて下さい。

文法や単語の暗記ばかりで、英語を話す機会が全然なかったことを思い出しませんか?

英語を話す機会があったとしても、せいぜい先生が話した英語を後から同じようにリピートするだけです。

先生が話す内容をただ受け身の状態で聞き続け、テストで高得点を取ることだけを目的に文法と単語を暗記をする、そんな授業だったはずです。

それでは英語が話せるようになるわけありません。

現実の世界で大切なことは、暗記で取り繕った高い試験の点数ではなく、英語が話せるという能力です。

英語を話せるようになるためには、英語を話すこと以外にありません。

例えば、自動車の運転が上手くなりたければ、実際にハンドルを握り、道路を走らなければいけません。

自動車の運転方法が書いてある教科書を読んだだけでは上手くなりません。

海外の語学学校に通って驚いたのは、とにかく授業中は英語を話す機会で溢れているということ。

音読、ロールプレイング、クイズ、スピーチ、ディベートなど。

とにかく英語を話すということに焦点をおいているので英語の上達が非常に早いです。

「日本の英語の授業もこんな風にすれば英語が話せるようになる人が増えるのに。。。」

そんな風に思ったほどです。

いずれにしても、何年も学校で英語を勉強しているにもかかわらず、日本人は全然英語が話せない。

その理由は、英語の授業にもかかわらず英語を話す機会が少ないからです。

英語を話す機会を提供しない学校

学校では義務教育の授業の一つとして英語を教えています。

それは素晴らしいことだと思うのですが、英語の授業以外で英語を話す機会が提供されていません。

授業で英語を教えたあとは教えっぱなし。

これではどれだけ内容の濃い英語の授業を提供していたとしても全く意味がありません。

必要なことは、反復して英語を使うシステムの構築。

学ぶ、そして使う。

インプットとアウトプットを何度も繰り返すからこそ英語が上達するのです。

海外の場合、現地の語学学校から外に出ると、そこは英語を使わなければいけない世界。

「学校で勉強する」→「日常生活で英語を使う」というサイクルがあるから海外では英語が上達するスピードが速いのです。

教えっぱなしでは英語が上達するわけありません。

英語の授業をフォローアップするような仕組み作りが必要です。

関連記事:【※必見】英語が話せるようになるために必要なたった2つの勉強方法

英語が話せない理由③:文化(Culture)

最後の理由が「文化」です。

  • 間違うことを恐れる日本人
  • あいまいさが許される日本語

解説をします。

間違うことを恐れる日本人

日本人は間違うことを恐れます。

「できたこと」よりも「できなかった」ことに焦点をあてる”減点主義”で評価されることが多いからでしょう。

英語でも同じです。

「文法を間違えてはいけない」

「正しい発音でなければいけない」

学校の試験で高得点を取ることが正義と教育されているため、そんな強迫観念めいた考えがいつの間にかしみついています。

そのせいで、いつまで経っても人前で英語を話すことができない人もいます。

海外では日本人はシャイと言われることがありますが、ただ単に他人から評価されることに対して臆病なだけです。

間違うことを恐れていてはいつまで経っても英語を話すことができません。

英語を話し、間違い、そして改善する。

だからこそ英語が話せるようになるのですから。

あいまいさが許される日本語

英語と日本語を比較すると、日本語は非常にあいまいです。

例えば、

これをやらなくてはいけない

普段何気なく使う言葉です。

よく考えてみると、肝心の主語が抜けているので「誰がやらなくてはいけないのか?」という部分が明確ではありません。

主語がハッキリしなくても、なんとなくその場の空気感で意味が通じる。

このあいまいさが日本語の良いところでもあり、悪いところでもあります。

これが英語となると話が変わります。

これまで”ふわっ”としたあいまいな表現でも許されましたが、英語になったとたんに主語や対象物を明確にしなくてはいけなくなります。

代表的なのが、歌の歌詞。

例えば、日本人は「何か」という言い方が好きです。

大切な何かを見つけたい

よく日本の歌の歌詞で使われる表現です。

何もおかしいと思うところはありませんが、これが英語になると

I want to find something important.

このような英文となります。

日本語だとなんとなく理解した気になっていたのに、英語になった途端に「What is something?(何かって何?)」という疑問を持ってしまう文章になります。

僕が海外留学に飛び出した最初の方はやたらと「something」に頼ってばかりいたことがあります。

海外に来た理由を深く聞かれた際、

I want to do something(何かをやりたい)

そんなことを得意げに話していました。

ですが、あるとき、

「Sorry, what is something?(ごめん、何かって何?)」

と聞き返されたとき、具体的に「何か」を答えることができませんでした。

日本語は非常にあいまいで、言葉で明確にしていない部分の理解を相手任せにします。

これが日本人独特の空気を読むという文化です。

しかし、海外では誰も空気を読んでくれません。

言いたいことがあれば、主語、目的、対象物をしっかりと明確に相手に伝える必要があります。

普段から日本語のあいまいさに慣れてしまっている日本人。

明確に言葉にする英語にギャップを感じるのも無理ありません。

まとめ

以上、日本人が英語を話せない理由について書いてみました。

  • 環境(Environment)
  • 機会(Opportunity)
  • 文化(Culture)

この3つの理由から日本人にとって英語を話せるようになるためのハードルは高くなっています。

しかし、だからといって英語を諦める必要はありません。

話せない理由が明確になっているわけですから、これら一つ一つを解決していけば問題ありません。

事実、僕もTOEIC模擬試験200点台の英語力から外資系企業で働けるレベルまで英語力をアップさせることができました。

結局のところ、

環境を整え、機会を創り、文化を理解する

これが一番大事なことなのではないかと思います。

なお、英語が話せるようになるために必要な勉強方法については、以下の記事で詳しく書いています。

もしよければ一度読んでみて下さい。

関連記事:【※必見】英語が話せるようになるために必要なたった2つの勉強方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です