海外留学の経験を活かす方法とは?【せっかく学んだ英語を活かせ!】

海外留学に行ったけど、その経験をどうやって活かせばいいのか悩んでいませんか?

今回はそんな方のために記事を書いてみました。

【留学後の就職にオススメの転職エージェント】

留学後の就職には転職エージェントを積極的に利用しましょう。

数ある転職エージェントの中でも、JAC Recruitmentがオススメです(登録は無料)

 


JAC Recruitment公式サイトはコチラ

海外留学経験を活かす方法とは?

語学能力を活かせる仕事に就くのが王道

海外留学の経験を活かすためには、海外で学んだことを活かせる仕事に就くのが正解です。

多くの海外留学生が英語を学ぶ目的で海外留学に飛び出していますし、きっとあなたもそうだと思います。

英語が活かせる仕事を見つけましょう。

それが一番王道です。

英語をマスターするための勉強方法は以下の記事でまとめていますので、もしよければどうぞ。

外資系企業への転職がオススメ

英語を活かすのであれば外資系企業への転職がオススメです。

外資系企業では日常的に英語を使う必要があります。

外国人の同僚とのメールやチャット、ミーティングなど、毎日職場で嫌というほど英語のシャワーを浴びることができます。

なので、海外留学経験者が一番恐れるであろう、

日本に帰国してから英語を忘れてしまった。。。

という状態を避けることも可能となります。

僕も海外留学から帰国した後、転職エージェントを利用して外資系の金融会社に転職をしました。

もともと外資系金融にチャレンジしたい気持ちもありましたし、何よりもせっかく学んだ英語を活かしたいという思いもありましたから。

なお、これからの転職活動で転職エージェントを利用する際は以下の記事をぜひ参考にしてください。

外資系企業で働くと英語力がアップする

外資系企業で働く大きなメリットの一つとして、

英語が上達する

という点が挙げられます。

正直、めちゃくちゃ上達します。

毎日英語を使うわけですから上達しない方がおかしいです。

その効果を実感するのは半年後、もしくは一年後です。

昔の自分が書いた英文を見て、

「なに?この不自然な表現!!」

と思いますから。

英語は机の上で習うのも大事ですが、実践の場で使うのが何よりの上達する方法です。

まとめ

ということで、海外留学の経験を活かす方法について書いてみました。

海外で学んだ英語を活かし、さらに上達させるためにも外資系企業で働いてみましょう。

自分自身のキャリアアップにも繋がりますし、一石二鳥です。

【留学後の就職にオススメの転職エージェント】

留学後の就職には転職エージェントを積極的に利用しましょう。

数ある転職エージェントの中でも、JAC Recruitmentがオススメです(登録は無料)

 


JAC Recruitment公式サイトはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です