外資系企業に転職する年齢は20代がオススメ!チャレンジは若い時に!

もしあなたがこれから外資系企業に転職することを考えているのであれば、できるだけ早めの転職をオススメします。

できれば20代。

若いうちに外資系企業に挑戦するようにしましょう。

【外資系企業の転職にオススメの転職エージェント】

外資系企業に転職するなら転職エージェントを利用しましょう。

数ある転職エージェントの中でも、JAC Recruitmentがオススメです(登録は無料)

 


JAC Recruitment公式サイトはコチラ

20代の時に外資系企業への転職をオススメする3つの理由

理由①:ハードな仕事を乗り切る体力がある

個人的に真っ先に思いつく理由です。

たしかに「体力」は「スキル」とは何の関係もなですが、「体力」がなければ仕事は前に進めることはできません。

外資系企業の仕事はハード。

時には真夜中まで仕事をやることもありますので、そういった時に体力があるのとないのとではアウトプットの質が全然違います。

例えば、転職先として人気のIBD(投資銀行部門)ですが、その業務は過酷。

毎日時計の針が深夜をまわるまで仕事をするわけですから、そもそも「体力」がなければ仕事になりません。

外資系企業=スマート、という印象がありますが、それを支えるだけの「体力」も必要なのです。

理由②:外資系企業の仕事の進め方に対応できる

外資系企業の仕事の進め方は独特です。

例えば、権限を持つ社内の部署や人物が物理的に違う国で仕事をしていたり、時差の関係で同じ時間帯に仕事を進めることができません。

そのため、「対面」で仕事を進めるのではなく、メールやチャットでコミュニケーションを取って仕事を進める機会が圧倒的に増えます。

ある程度慣れている人であればいいのですが、「対面」のコミュニケーションを重んじるタイプの人にとっては仕事の進め方が全く違うため、戸惑いを感じることもあるでしょう。

ガチガチに古いタイプの日系企業に勤めている場合、外資系の仕事の進め方は「???」と思う場面ばかりだと思います。

外資系企業の仕事の進め方はなるべく若いうちに経験しましょう。

できれば20代。

若ければ若いほどいいですね。

すぐに順応することができますから。

ですが、30代を過ぎると仕事の進め方に「自分なりの型」ができてしまい、新しいやり方を柔軟的に取り入れることが難しくなってきます。

頑固になってくるんですよね。

なので、まだまだ頭が柔らかいうちに外資系企業の仕事の進め方を経験してください。

そうすれば、将来的に日系、外資系、両方からキャリアの選択をすることができるようになりますから。

理由③:転職に失敗してもやり直しがきく

外資系への転職ですが、誰もが成功するわけではありません。

人によっては、

「しまった!こんな会社にしなければよかった!!」

と、自分に合わない職場を転職先として選んでしまうことがあります。

人は完璧ではありませんので、間違うこと自体は仕方ありません。

大切なのは、そこから挽回するためのアクションを起こせるかどうか、です。

20代であれば、例え転職に失敗しても修正がききます。

仕事を続けながら他の会社への転職活動を始めたり、もしくは、すぐに仕事を辞めて他の新しいことを始めたり。

素早く柔軟に行動できますし、それを支えるだけの体力もあります。

例え失敗したとしても、

「若いから。」

の一言で許される風潮もあります。

しかし、30代、40代ではこうはいきません。

「いい歳して…。」「今まで何をしてきたの?」「歳のわりには仕事が出来ないんだな。」

20代の頃と比較すると、失敗に対する評価は断然厳しくなります。

チャレンジするのであれば若い時。

できれば20代にしておきましょう。

まとめ

以上、20代の時に外資系企業への転職をオススメする3つの理由について書いてみました。

これから外資系企業に転職する予定があるのなら、できるだけ早めにアクションを起こしましょう。

チャレンジはできるだけ若い時に。

成功するために必要な考え方だと思います。

【外資系企業の転職にオススメの転職エージェント】

外資系企業に転職するなら転職エージェントを利用しましょう。

数ある転職エージェントの中でも、JAC Recruitmentがオススメです(登録は無料)

 


JAC Recruitment公式サイトはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です