低学歴でも外資系企業に転職するための現実的な3つの方法

外資系企業で働くためには基本的に高い学歴が求められます。

ハーバード大学、とまではいいませんが、東大、早稲田、慶応、上智、一橋、ICU、MARCHあたりは最低でも卒業しておきたい、といったところ。

ぶっちゃけ、それ以下の学歴の場合、書類選考の際にあまりいい印象をもたれないのが外資系企業の採用の世界。

こんなことを言うと、

「ああ、自分には外資系企業で働くことなんて夢のまた夢かあ。。。」

なんて、外資系企業に挑戦する前からネガティブな気持ちにさせてしまうかもしれません。

ですが、例え低学歴でも外資系企業に転職することは可能です。

そのための現実的な方法について今回は書いてみたいと思います。

外資系企業に転職するための現実的な3つの方法

学歴が低くても外資系企業に転職したい。

そんな人がとるべき現実的な方法としては、

  1. 社会人向けの大学院に入学して学歴(もしくは資格)を手に入れる
  2. 今の職場で大きな「結果」を出す
  3. 英語をマスターしてペラペラになる

これしかありません。

①:学歴を手に入れる

「ああ、こんなことならもっと勉強しておけばよかった。。。」

「もっといい大学にいっておけばよかった。。。」

そんな風に、今さら過去のことを嘆いても仕方ありません。

学歴が求められるなら手に入れる、そういうマインドセットでいきましょう。

オススメがMBA(Master of Business Administration)の取得。

コンサル、金融、ITなど、人気の外資系企業を目指すのであればMBAは非常に有効な「学歴」となりますからね。

採用する側も、MBAホルダーに対しては

「あ、この人なら大丈夫かな!」

みたいな安心感を持ちますから採用しやすいんです。

一回取得しておけばあとはなくなることはありませんから、本気で外資系企業でガンガン稼ぐキャリアを目指すのであれば、とにかくMBAは取っておきましょう。

外資系企業で働く同僚はMBAホルダーや帰国子女など、結構”エグイ経歴”を持っている人も多いです。

そういった人たちと物おじせずに仕事をするためにも、MBA取得をオススメします。

【アメリカのMBAを取得しよう】

日本にいながらにして本場アメリカのMBAを取得できるサービスがあります。

オンラインMBAに興味がある方はぜひチェックしておきましょう。

 

>>マサチューセッツ大MBA公式サイト

②:今の職場で大きな「結果」を出す

そもそも、今の場所で輝けていない人が他の職場に行ったからといって活躍できるはずがありません。

「今の職場が気にくわないから。。。」

「今の仕事が面白くないから。。。」

そんな「逃げ」の気持ちで外資系企業に転職をしても、結局上手くいかずにおわってしまうでしょう。

外資系企業に転職したければ、今の会社で大きな「結果」を出す。

これが先にやるべきことです。

大きな「結果」さえ出せれば、例え低学歴でも評価してくれます。

面接を突破して、それなりに高い役職に就くことも可能です。

外資系企業の評価軸はあくまでも「結果」ですから、そういった意味ではフェアな部分もあります。

これは外資系企業の「良い部分」であるとも言えますね。

もし、

「それなりに仕事で成果をあげてきたけど、そのアピールの方法がわからない。。。」

とお悩みであれば、転職活動のプロである転職エージェントに相談をすることをオススメします。

転職のプロですから、履歴書にはこう書けばいい、面接ではこうアピールすればいいなど、実践的で「使えるアドバイス」を提供してくれますから。

自分一人で転職活動をしても限界があります。

プロの力を借りて効率よく転職活動を進めましょう。

③:英語をマスターしてペラペラになる

芸は身を助く、ということわざをご存知ですか?

その言葉の通り、一芸に優れていると外資系企業への転職活動の際に大きくプラスに働きます。

それが英語。

低学歴の方が外資系企業で働きたいのであれば、英語をマスターすることは必須です。

実は、英語がペラペラ話せる人ってそんなに多くありません。

エリートの人材でわんさか埋め尽くされているように見える外資系企業でさえ、全員が全員英語がペラペラというわけではありませんから。

つまり、もしあながた英語がペラペラになることができれば、それだけチャンスが生まれるということです。

低学歴でも英語をマスターすれば周りの見る目は変わります。

面接の際、外国人相手に英語でスラスラと会話することができれば、それだけでポイントは高いです。

「自分は低学歴だし、、、。」

なんて拗ねている暇はありませんから。

全ての時間を英語学習に充てる、それくらいの勢いで努力してください。

きっと外資系企業で活躍できるチャンスをつかむことが出来るはずですから。

【もし本気で英語をマスターしたいなら…】

「結果にコミットする」で有名なライザップですが英会話教室も運営していることは知っていましたか?

無料体験レッスンも受講可能ですので、本気で英語力をアップさせたいなら一度チェックしてみましょう。

>>【30日間全額返金】ライザップイングリッシュ公式サイト

まとめ

以上、低学歴でも外資系企業に転職するための現実的な3つの方法について書いてみました。

確かに低学歴だと外資系企業への転職は難しい部分もありますが、チャンスはゼロではありません。

自らチャンスを創り出せばいいのです。

外資系企業での仕事はエキサイティングですし、素晴らしい経験を得ることが出来ます。

過去は変えることはできませんが、未来はいくらでも変えることができます。

ぜひ頑張ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です