英語力が低い?それでも外資系企業に転職したい人が狙うべき職種は?

外資系企業に転職したい!

外資系企業で働いて年収アップを実現させたい!

これからのキャリアアップを貪欲に狙うビジネスパーソンであれば一度はそう思いますよね。

でも、

「外資系企業って英語が話せなければ無理でしょ?」

「自分の英語力じゃ、とてもじゃないけど外資系企業への転職なんて無理だろうな。」

そんな風に思って、自分から外資系企業への転職を諦めてしまってはいませんか?

だとしたら、それって本当にもったいないですよ。

外資系企業=高い英語力が必要

は大きな誤解だということを今回の記事では書いてみたいと思います。

英語力が低いのであれば営業職を狙うのがオススメ!

外資系企業で働くというと、まずこういうことを思う人が大半です。

  • 英語がペラペラでなければいけない!
  • 海外留学経験がないとキツい!
  • TOEIC800点以上の高い英語力が必要!

これ、確かにその通りなんです。

外資系企業では英語力が高い方がいいに決まっています。

外国人と一緒に働くんですから、コミュニケーションを取るためにも英語が必要なのは当たり前ですよね。

外資系企業では英語力がなければ仕事になりません。

それは認めます。

た、だ、し、

英語力が求められるシチュエーションっていうのは、基本的に海外の本店や支店、海外の上司や同僚とコミュニケーションを取るときだけ、なんですよね。

これ、大事な情報ですから覚えておいて下さい。

外資系企業で英語力が求められる場面というのは限定的である、ということです。

例えば、外資系企業の日本支店の顧客はあくまでも「日本国内の法人」もしくは「日本国内の個人」になりますから、そういった顧客相手に英語を使う必要はありません。

日本語で問題なし。

なので、英語力が低くても外資系企業に転職したい人の場合、まずは営業職を狙いましょう。

これまでの営業経験できちんと「結果」を出していれば、例え英語力が低くても面接を突破することは十分可能です。

営業職は人材の入れ替わりも激しいので、人気の企業のポジションでも「空き」が出ることがあります。

「外資系企業で自分の実力を試してみたい!」

「外資系企業で新しいキャリアをスタートさせたい!」

という方にオススメです。

外資系企業への転職活動を進めるのであれば転職エージェントを活用しましょう。

オススメの記事:※2018年度最新版】外資系銀行に転職できた僕がオススメする4つの転職エージェント

営業職を狙うメリット

外資系企業の営業職は、基本的に給料は悪くありません。

僕が在籍していた外資系金融業界だと、

  • セールスマネジャー::1000万円~(+インセンティブ)
  • セールス:400~600万円(+インセンティブ)

ざっくりとしてるかもしれませんが、大体こんな感じです。

営業成績をあげればそれなりにいい飯が食えます。

ぶっちゃけ、20代でもそこそこいい金額稼げます。

年収600万円以上もらえれば悪くありませんよね?

実力の世界ですから、結果に対してフェアに評価してくれる点が良いですね。

ただ、結果を出すためには、転職活動の際に

  • 売れる商材を扱っている会社
  • これから伸びしろがある業界

を選ぶことが重要となりますので頭に入れておいてください。

業界の情報などについては、転職エージェントにしっかりと相談するといいでしょう。

営業職を狙うデメリット

逆にデメリットですが、

結果を出さないとクビ・リストラの可能性が大!!

という点です。

外資系企業は結果が全て。

それが営業職であればなおさらです。

もし結果を出せない場合、

入社して3か月は様子見

↓ ↓ ↓

結果が出せないセールスに対して上司の個人面談による業務改善指示

↓ ↓ ↓

日々の業務に対する厳しいフィードバック

↓ ↓ ↓

それでもダメなら最終通告

というプロセスをたどることになります。

そもそも、外資系企業で営業職でやっていこうと思う人は、これまでの営業でそれなりの実績を残してきた”猛者”ばかりです。

それでも全員が結果を出せるわけではありませんし、結果を出すためには時間がかかることもあります。

「結果を出さなければクビになるかも。。。」

「もしかして、リストラ?」

そんな不安な気持ちと隣りあわせになりながら、毎日の仕事に取り組むのはかなりのプレッシャーです。

これが外資系企業の営業職で働くデメリットになります。

とにかく「結果」ということですね。

自信がない方はやめておいた方が無難です。

営業ってそういう世界ですから。

まとめ

ということで、今回の記事では英語力が低い人が外資系企業で狙うべき職種について書いてみました。

本気で外資系企業で働きたければ、英語力が低いからといって諦めてはもったいないです。

英語力が低くてもチャレンジできる職種を見つけましょう。

外資系企業への転職活動を進めるのであれば転職エージェントを活用しましょう。

オススメの記事:※2018年度最新版】外資系銀行に転職できた僕がオススメする4つの転職エージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です