【LINE@お悩み相談】海外の大学に留学中、ネガティブ思考になってしまったご相談

MASAです。

今回の記事もLINE@からいただいたお悩み相談に対して回答をしていきたいと思います!

こんにちは。ブログから来ました!

現在英語圏の大学に交換留学中の者で、相談があります。

現在6、7ヶ月目で留学は残すところ後2ヶ月です。

なのですが、留学4、5ヶ月目から鬱、ネガティブ思考になってしまい、今だに治らず(むしろ悪化)にいます。

原因としては大きくは孤独感で、こちらに来て友達づくりがあまりうまくできず、知り合いは多くても、親友のような、いつも一緒にいるコミュニティのようなものがありません。

私は日本人のコミュニティにも入りたくなかったので日本人ともそこまで親しい人はいません。(挨拶する程度)

9ヶ月も留学に行って、ほぼ友達も作らず帰ってくる人なんていないですよね😢😅?

あとは大学の授業も、みんなが大変そうな難しいのを取っているなか、わたしは芸術系のクラスを履修したため、英語力がなくてもどうにかなってしまいます。

SNSでみんなが華々しい生活を載せているのをみて自分の留学は失敗したんだ、と思ってしまいます。

また、私は一年卒業を遅らせて留学しに来たので帰ってからの就活の不安や、周りの友達が社会人になってしまう事(?)など帰国後の不安尽きずにいます。

乱文ですみません。

後の2ヶ月このまま適当に過ごしてしまうか、今から心を切り替え意識高く生活することは可能でしょうか?

留学が終わる前に何かやった方がいいことはありますか??

いただいたお悩みを読んでいて昔自分が悩んでいたことと似ている部分がありました。

では、早速回答していきたいと思います!

海外留学に友達なんていなくてもいい

そうなんです。

別に友達なんていなくてもいいんです。

なので、

9ヶ月も留学に行って、ほぼ友達も作らず帰ってくる人なんていないですよね😢😅?

こんなことを心配する必要なんてありません。

理由は簡単で、海外留学の目的は「友達作り」ではないからです。

僕が思うに、海外留学の目的は自分の夢の実現にあると思います。

英語を話せるようになりたい、海外で自分が好きなことを思いっきり勉強したい、海外の生活を体験してみたいなどなど、いろんな想いがそこにあったはずです。

一度、海外留学に来た理由を振り返ってみてください。

で、残りの留学生活はそれに向けて一歩でも近づくための努力をしてみてはどうでしょう?

余計なことを考えて不安になるくらいなら、もっと「自分のやりたかったこと」「実現させたかったこと」に時間を使いましょう。

必ずどこかでその努力を見ている人がいますし、そんなあなたと友達になりたいと思う人が出てくるはずですから。

友達を作ろうと思うと失敗する理由

とはいえ、長い留学生活、友達が「いない」よりは「いる」に越したことはありません。

週末の空いている時間やちょっとした寂しい時間に日本語で色々話せる人が身近にいるとそれだけで心が楽になります。

母国語で愚痴を言える仲間がいるのはそれだけで結構心強いですからね。

ただ、「友達を作ろう!」と思って友達を作ると大体失敗するので気をつけてくださいね。

これは、「友達ができれば誰でもいい!」という気持ちがあるせいで、自分の中で友達候補の人に対してのハードルが下がってしまうからです。

わかりやすくいえば、多少「ちょっとこの人、合わないかも。。。」とおもっていても、海外留学の辛さや寂しさのせいで「ま、いっか!」と妥協して友達として付き合いをはじめてしますんです。

これってお互いにとって不幸の始まりです。

妥協して友達付き合いおするくらいなら、最初っから友達になんてならない方がいいんです。

寂しさや辛さに負けてしまって友達づくりを妥協してはいけません。

海外留学に来てまで同じ日本人とギクシャクしてしまうのは本当に時間の無駄ですからね。

僕の失敗談

僕自身も友達づくりで一回失敗したことがありますので、そのことについて少し書いてみます。

海外留学に来て最初の1ヶ月目、同じ留学エージェントを使って同じ日に入国したメンバーと仲良くなって、そこから6名程度のグループで色々遊ぶようになりました。

不安だった海外留学生活、最初は「同じ日本人の知り合いができてよかったー!」「なんかちょっとホッとした!」って思っていたのですが、だんだん時間が経つにつれてどうも気が合わないことに気づいて来たんです。

それもそのはず、お互いの留学の目的が根本から違ったんですよね。

僕の場合、コチラの記事でも書いているとおり(かなりの長文ですが)、本気で自分の人生を変えるために海外に飛び出したのですが、他のメンバーは「楽しけりゃいいじゃん」的な考えが強かったので、自分が少しういているような状態になっていたのです。

「なに真面目なこといってんの!w」「せっかくの海外だしエンジョイしちゃいなよ!www」みたいな。

僕としては空いている時間があれば少しでも英語を勉強がしたかったのですが、他のメンバーは旅行に行ったり、クラブに行ったり、地元で話題の美味しいレストランに行ったりと、そういうことに時間を使う方がよかったみたいでした。

途中から「ああ、このままだと自分がダメになっちゃうな。」と思って連絡を取るのをやめましたし、何度か飲み会の誘いを断っていたら自然と連絡がくることはなくなりました。

こんな風に僕は友達づくりで一回失敗しています。

そこから日本人のコミュニティにはなるべく属さないようにしましたので、

私は日本人のコミュニティにも入りたくなかったので日本人ともそこまで親しい人はいません。(挨拶する程度)

この部分については「それでいいんじゃないかな?」と思います。

そんなくだらないものに属さなくても自分が目標に向かって努力をしていたら自然と友達はできますから。

ちなみに、僕が2年半の海外留学生活の中で心の底から友達と言えた日本人の数はたったの一人です。

友達は「数」じゃなくて「質」ですよ?

関連記事:海外留学先で現地の日本人とのしがらみや人間関係を気にする必要は全くない

他人の留学生活と比較しても意味がない

あと

SNSでみんなが華々しい生活を載せているのをみて自分の留学は失敗したんだ、と思ってしまいます。

とあります。

気持ちはわかりますが、そもそもSNSってみんな多少「盛って」投稿していると思いますよ。

他の人の留学生活がキラキラして華やかに見えるかもしれませんが、実際はそんなことありません。

というか、他の人の生活を見てなぜ自分の留学が失敗したと思うのでしょうか?

あなたの留学生活の成功を測る物差しは「華々しさ」ですか?

他の人よりもキラキラした留学生活をおくれなければ、それは「失敗」なのですか?

違いますよね。

他人との比較ではなく自分の中に生まれる納得感や充実感を物差しにしましょう。

海外留学を成功させるのも失敗と思うのも、それは自分次第。

あなたの心の中に「やるだけのことはやった!」「海外に飛び出して本当によかった!」という気持ちが残ればいいのでは?

そのためには目標に向かって頑張るしかないんですよね。

悩むことも海外留学の醍醐味の一つ

後の2ヶ月このまま適当に過ごしてしまうか、今から心を切り替え意識高く生活することは可能でしょうか?

留学が終わる前に何かやった方がいいことはありますか??

とありますが、今こうして悩んでいること自体がすごくいい経験になっていると思います。

だって、日本で生活していたらこんなことで悩むことはなかったですよね?

それだけでもあなたは「新しい経験」ができて、成長していると思います。

辛いことや悲しいことって、その時は前向きに考えることができず、一刻も早くその苦しみから逃れたいと思うものです。

ですが、後になって振り返ると、それもいい経験だったと思えるようになります。

その時初めて、自分自身の成長に気づくはずです。

確かに今は辛い気持ちかもしれませんが、あと数年経ったらわかる時が必ず来ます。

なお、帰国後の就活に不安があるのならTOEICのスコア取得がオススメです。

海外留学=英語ができる、という周りの目もありますから、ある程度のスコアをとっておくと安心ですし、就活の面接のときでも「海外留学に行って英語を上達させた」というアピールができますからね。

日系企業であれば800点以上あればとりあえずは十分だと思います。

外資系企業でも、超一流の外資系企業でなければそれくらいの点数でも書類選考は通るはずです。

最後に

あれこれ書かせていただきましたが、以上が僕からのお悩み相談の回答になります。

また何かあればいつでもご相談ください。

よい留学生活を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です