新卒の新入社員に対して仕事を「石の上にも三年」と我慢させることはもはや意味がない

こんにちは。Masa(@inakanomasa)です。

仕事を辞めようと思って誰かに相談すると、「いやいや、石の上にも三年。もう少し頑張ってみれば?」という意見を耳にすることがあります。

ですが、今の時代において石の上にも三年なんて考え方にはもはや意味がないのではないかなと思っています。

そんなことを記事にしてみました。

石の上にも三年が広く信じられてた時代

今から約15年ほど前、僕が新卒で会社に就職していた時代は、まだまだ石の上にも三年という考えが広く信仰されていた時代だったと思います。

「就職したらとにかく三年は頑張れ!」

「三年頑張れば見えてくるものがある!」

ということが一般的に言われていました。

なので、新卒で入社した会社を三年以内に辞めるということは「悪」に近い考え方で、三年未満で辞めた人材に関しては、「根性無し」「やる気がない」という烙印を押されてしまうような感覚がありました。

ようは、使えない人材。もっとひどい言い方をすれば、脱落者、落伍者。

会社を三年以内に辞める人間は、世間一般からそんな風に見なされるということです

誰も辞めるつもりで会社に入社していない

確かに、会社の視点から見れば、三年以内に辞めてしまうような人材は使えない人材と言っていいでしょう。

コストをかけて採用活動を行い、そこで採用した人間が一人前になるまでにかかる期間を三年として、それまでに辞めてしまわれればコストの回収ができませんから。

でも、新卒で入社した人間はだれもが三年以内に会社を辞めるつもりで入社しているわけではありません。

「ここで頑張ろう!」

「キャリアを積んでいこう!」

そんな熱い思いや期待を胸に入社をしている人がほどんどだと思います。

会社が見捨てるのではなく、働いている人が見捨てているんです

なんで、そんな希望に満ち溢れた新卒入社の人が三年以内に会社を去っていくのかといえば、やはり会社の現実に失望をするからだと思います。例えばですが、

  • 罪悪感を感じるような業務をやらなくてはいけない
  • 長時間勤務が常態化している
  • 福利厚生や給与などの待遇が低く将来を見据えることができない

このような理由から会社に対して失望をしてしまいます。

会社が見捨てられているんですよ。こんなところじゃ夢を見ることできない、と。

新卒で入社した証券会社を半年で辞めた僕の体験談

偉そうに言っていますが、僕は過去に新卒で入社した会社を半年で辞めています。当時の世間から見れば、「使えない人材」であり「脱落者」だったのです。

入社した会社は証券会社で、職種は営業だったのですが、入社前はものすごく期待をしていましたし、そこで頑張ってキャリアを築いていこうと思っていました。辞めることなんて考えているわけありません。

ですが、なんで辞めてしまったのかというと、実際に入社して会社の現実を見てしまったからです。

当時の仕事の内容を簡単に説明すると、

  • 朝から夜近くまで毎日数百件の電話営業
  • 迷惑をかえりみない飛び込み営業(ノルマあり)
  • 勤務後に上司に呼び出され深夜までの飲み会
  • 朝は7時10分までにタイムカードを押さないと遅刻
  • 昼休みの1時間の半分は上司のお弁当の使いパシリで休む暇なし

こんな感じです。

毎日朝は5時半起き、布団に入ると深夜。週末や祝日はクタクタで、午前中はずっと布団で寝るほどです。

ここまで体を酷使して月収10万円台。

当時、会社の寮にお世話になっていたのですが、そこには3年上の先輩が住んでいました。つまり、”三年後の自分が歩むであろう道”を体現した人がそこにいたわけです。

こんな仕事で夢を見れると思いますか?

これでも三年やれば何か希望が見えてくると思いますか?

無理なんですって。

自分では頑張りたいと思っていても、それを上回るほどのネガティブな要素があった場合、絶望しか感じることができないのです。

石の上にも三年を信じた責任は誰がとる?

石の上にも三年という言葉って、とても無責任な言葉だと思います。

その会社で三年働いて体も心もぶっ壊して、その後の人生が大きく狂ったらどうするのでしょう?

20代前半という仕事のインプットを得るには最高の時期をつまらない業務で棒に振ったらどうするのでしょう?

責任なんてとってくれるはずもありません。

石の上にも三年っていうアドバイスは、”自分も過去に頑張って耐えたんだからお前も頑張れ!”という私情が見え隠れしてなりません。

結局、僕は証券会社を半年で辞めて海外留学に飛び出しました。

「もう二度とあんな仕事をしたくない!」という思いで英語を必死で勉強して、MBAを取得。帰国後は外資系金融で働くことに成功しました。

そしてある日、同じ業界の先輩から、「お前が昔いた会社、つぶれたよ!」と聞きました。

結局、石の上にも三年を信じてずっと同じ会社で頑張っていたら、会社がつぶれて転職活動を余儀なくされていたのです。

 

結局、人のアドバイスなんで全くあてになんてならないんですよ。それを信じても、最終的に責任をとるのは自分なのですから。

石の上にも三年なんてアドバイスは聞く必要なし!

正直、今の新卒入社の方は石の上にも三年なんて言葉を真に受けてはいけません。

「せっかく今の会社に入ったし、三年は頑張ったら?」

「就活頑張ったんだから、三年は勤務しないともったいないよ?」

そんなアドバイスを受けることもあるでしょう。

ですが、ぶっちゃけると、就職活動なんてものはこれからの人生を行方を決める崇高なイベントではありません。運によって左右される適当なものなんですよ。

例えば、面接なんて採用担当者との相性、面接時の機嫌などで合否が決まることがあります。面接官も人間ですから、ちょっとしたことで結果が左右されることなんて当たり前です。

そんなものなのです。

そんなものだからこそ、石の上にも三年なんて言葉で縛られる必要なんてないんですよ。

まとめ

会社なんて、全国にものすごい数が存在します。今の会社が自分に合った「最高の職場」である可能性なんて低くて当たり前ですし、そこで3年勤務しなくてはいけない義理なんてありません。

22歳から65歳まで働くとして、45年のうちの3年という貴重な時間を合わない会社で無理して過ごす必要なんてどこにもないのです。

職場で感じる違和感や「なんか違うな・・・」という感情は自分しかわかりません。

他人はあなたではありませんから、自分が今体験している辛さや閉塞感を100%理解することなどできないのです。

なので、どこかの誰かさんが自己満足で押し付ける「石の上にも三年」なんてアドバイスなんてまともに聞く必要ありません。

三年経てば世の中大きく変わります。

今の常識が通用しない速度で世界は前にどんどん進んでいます。

貴重な時間を「我慢」だけで過ごさないよう、自分の心にしっかりと耳を傾け、後悔をしない決断をすることが人生を大きく切り開く手段だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です