外資系企業の面接の服装に迷ったらスーツで問題なし!

外資系企業の面接において服装は第一印象を左右する大切なポイントとなります。

最近では私服(もしくはカジュアルな服装)の面接でも問題がない外資系企業が増えてきていますので、「私服でもいいのだろうか?」と迷う方もいますが、ここはスーツを選択しておきましょう。

外資系企業の面接でスーツを選択するメリット

面接においてスーツを選択するメリットとしては、無難な第一印象を与えることができるということです。

基本的に面接において面接官から「オシャレだね!」とか「イケてるね!」なんて思ってもらう必要はありません。

外資系企業では一緒に働く同僚や上司が面接官となり、

  • この人と一緒に働きたいかどうか?
  • 価値観を共有し、長く一緒に働ける人かどうか?

を基準に採用する人を選びます。

スーツを着用し、清潔感ある見た目を心がければ、大幅に加点されることはないとしても減点されることはありません。

ここにスーツを選択するメリットが存在します。

私服で面接に挑んだ場合のリスク

私服の場合、面接を担当する人間によっては不快感を感じる場合もあります。会社として面接時の私服がオッケーのポリシーであったとしても、堅い性格の人であれば不快に思う可能性があります。

また、ファッションのテイストが違う人であれば、自分では「バッチリ!」だと思っていた私服でも受け入れられない可能性もあります。

人によってオシャレの感覚は違いますし、好きな服装・嫌いな服装に違いがあります。ブランドや色、サイズ感など、例を挙げればきりがありません。

もし、たまたま面接官が嫌いな服装をしてしまったら?

もし、偶然面接官が不快感を感じるコーディネートをしてしまったら?

せっかく掴んだ面接の機会です。服装が原因で面接に落ちてしまっては非常にもったいないです。

余計な心配事や不安要素を排除するためにも、ここは無難にスーツを選択しておきましょう。

外資系企業の面接で服装以外に大切なこと

面接では服装にばかり着目してしまいがちですが、服装以外にも大切なことがあります。それが面接時の態度です。

相手が話すことをしっかりと聞き、そしてハキハキとした受け答えをする。これだけでも相手に与える印象がグンとアップします。

ポイントとしては、

  • 相手の顔を見る
  • 笑顔をこころがける
  • 相手に聞こえるように声を出す

ここは必ずおさえておきましょう。

基本的なことかもしれませんが、面接でこれができている人は案外少ないです。

緊張とプレシャーを感じるシチュエーションこそ、いつも通りをこころがけることが成功につながります。

どうしても迷うなら転職エージェントに相談しよう

どうしても服装について迷ってしまったり、それ以外の面接の対策方法について探しているのであれば転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントは企業と転職希望者をマッチングさせるプロのキャリアコンサルタントです。転職活動を成功させるために必要なノウハウを持っていますので、気になる服装や面接対策について質問をするといいでしょう。

個人的にオススメの転職エージェントはJAC Recruitmentです。無料でキャリア相談ができますのでチェックしてきましょう。

JAC Recruitment公式サイトはコチラ

まとめ

面接の合否は今後のキャリアを大きく左右します。基本的にスーツを身につけるようにしておけば問題ありません。

企業によっては”面接は私服でもオッケー”というポリシーを採用しています。IT企業やベンチャー企業の場合、カジュアルな服装が普通という企業が多く、面接も私服で問題なしの場合があります。

とはいえ、「スーツと私服、どっちにしよう?」と迷ってしまうような業種・業界の企業の場合はスーツが無難な選択となります。

なお、僕が働いていた外資系金融業界の場合、私服は完全にNGです。カジュアルなイメージのある外資系企業とはいえ、コンサバな業界ではスーツが”当たり前”です。

注意しておいてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です