【仮想通貨】報道ステーションからの大暴落。ここで仮想通貨を買うやつはバカなのか?

f:id:ceo_masa:20180117164432j:plain

昨日、報道ステーションで仮想通貨が取り上げられていました。

これを見て仮想通貨に対して興味をもった方も多いはずです。

 

…しかし、朝起きてみると、ビットコインをはじめとする仮想通貨の相場は軒並み暴落。

ネット上でも大騒ぎとなりました。

 

…まさかここまで下がるとは….。

 

 

仮想通貨の価格急落に驚いた人も多いのでは?

仮想通貨の価格急落を視覚的に確認するにはビットフライヤーのチャートが見やすいです。

まずはビットコインから。

f:id:ceo_masa:20180117153334j:plain

週足で見てみると、ヒューっと勢いよく価格が落ちています。

 

下がっているのはビットコインだけではありません。

イーサも。

f:id:ceo_masa:20180117154840j:plain

 

モナコインも(今は少し持ち直している!?)。

f:id:ceo_masa:20180117154904j:plain

 

この下げの勢いは恐怖すら感じるレベルです。

FXなんて比じゃありません。

 

なお、ツイッターにはマイナス1600万円を記録する猛者も。

 

 

ここまでくるとさすがにヤバイ。

他人事ながら、

「大丈夫かな?」

と思います。。。

 

2018年1月18日追記:報道ステーションに登場!?

このツイッターの方、17日の報道ステーションで取材されたようです。

 

転んでもただでは起きないというか、なんというか….

ただ、こういうメンタルの強さは素晴らしいですね!

 

なぜ仮想通貨がこんなにも暴落してしまったのか?

その理由は『法規制』だと言われています。

 

韓国で出ている法規制の動き

韓国では仮想通貨の法規制が話題になっていました。

news.livedoor.com

先日、仮想通貨の取引を禁止するものではないとの見解が韓国大統領府から発表されたものの、混乱を招いた法相解雇の請願を集める動きが国民の間で大きくになっているようです。

 

中国で出ている法規制の動き

中国でも法規制の動きが出ています。

中国国内から取引ができる国内・海外取引所へのアクセスの遮断措置を検討しているとのこと。

www.bloomberg.com

 

ドイツ連邦銀行理事の発言

韓国、中国だけではありません。

先日、ドイツ連邦銀行の理事による発言も投資家の心理に対して大きなネガティブインパクトを与えました。

jp.reuters.com

 

仮想通貨を取り巻く法規制の動きがどんどん広がっています。

さすがにこれだけ材料があれば価格の押し下げにつながるのは当然でしょう。

 

さて、本題。

このような相場の状況で仮想通貨を買う人はバカなのでしょうか?

 

今みたいな”バーゲンプライス”の時にこそ仮想通貨を買うべき!?

f:id:ceo_masa:20180117163724j:plain

….いや、僕はそうは思いません。

このような下げ相場だからこそ、「バーゲンプライス」で仮想通貨を購入することができると思っています。

 

なので、今日みたいに思いっきり暴落をした相場でも狼狽売りなんてやりません。

逆に、ちょっとずつ買い増してます。

 

銘柄はXRPとXEM。

思いっきりプライスを下げましたからね。

ここは黙って安値で買い。

3日後、3か月後ではなく、年単位で値上がりに期待というところでしょうか。

 

とはいうものの、値上がりする確証はどこにもありません。

もしこのままずーーーーーっと価格が下がり続けたらどうぞ笑ってやってください。。。

 

そもそもなんで仮想通貨が報道ステーションで紹介されるのか?

その理由は『値上がり』でしょう。

昨年から、仮想通貨のマーケットは”バブル”と言われるくらい大幅な値上がりを見せましたから。

 

ビットフライヤーのチャートで一年間のビットコインの値動きを見ればそれは明らかです。

f:id:ceo_masa:20180118092606j:plain

 

…なんかもう、とんでもないことになっていますよね。

去年の今頃のビットコインの価格は10万円程度。

それがわずか一年で最高値200万円を超えたんですからね。

 

単純に計算して20倍。

100万円を投資していたら2000万円。

1000万円を投資していたら2億円になっている計算です。

 

いやー、すごい。

こんな利回りを稼ぐことができる金融商品はパッと思いつきません。

仮想通貨が”バブル”という表現が使われるのも、あながち間違ってはいないのかもしれませんね。

 

報道ステーションで紹介されたビットフライヤー

ちなみに、報道ステーションではビットフライヤーという仮想通貨の取引所が紹介されていました。

おそらく一度はTVCMを見たことがある人も多いと思います。

www.youtube.com

このビットフライヤー、僕も使っている取引所ですが、取引画面が見やすく、スマホのアプリも使いやすいのでオススメです。

 

今回の報道ステーションの報道で、

「仮想通貨を取引してみたい!」

「ビットコインを買ってみたい!!」

という方が爆発的に増えたと思いますが、仮想通貨を売買するためにはまずは取引所に登録する必要があります。

日本にはすでにいくつかの取引所が開設されていますが、これから仮想通貨の取引を始めるのであればビットフライヤーから始めてみるといいでしょう。

 

ビットフライヤーへの登録は10分程度で完了します。

これから仮想通貨の取引を始める方は、これを機にビットフライヤーの公式サイトから登録しておきましょう!

 

公式サイト:ビットフライヤー公式サイト

 

まとめ

仮想通貨って、まだまだ始まったばかりの市場です。

バブルのような過熱感があるとはいえ、適正価格がどこか?と聞かれても誰もわかりません。

”底が見えない”ということは、逆に”天井も見えない”ということ。

ここは「まだ上がる余地がある」と見て”夢を買う気持ち”で買い増しです!!

さて、これが吉と出るか、凶と出るか?

またブログで報告していきたいと思います。

 

しかし、こんなバブリーな相場、生きている間は多分もう経験することはないでしょうね。

あくまでも個人的見解ですが、いまのうちに仮想通貨を始めるのは賢い選択だと思います。

興味がある方はぜひチャレンジしみましょう!

 

◆仮想通貨取引ならココ!初心者でも使いやすいです。

ビットフライヤー公式サイト:仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】

 

◆TVCMでおなじみ!仮想通貨の取引を始めるなら外せません!!

コインチェック公式サイト:簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

 

【あわせて読みたい】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です