2018年になった今も海外留学に行く意味はあるのか?

英語を話せるようになるための手段の一つとして海外留学は非常に有力な手段です。

本場の英語環境に身を置くことになるので、短期間での英語力アップが期待できます。

一方で、英語学習を取りまく環境は時代と共に進化しています。例え国内であっても、英会話教材、オンライン英会話、英会話スクールなどを駆使すれば、海外に出ることなく英会話をマスターすることも十分に可能な時代となりました。

果たして、2018年を迎えた今、海外留学に行く必要はあるのでしょうか?

英会話をマスターしたいだけなら海外留学に行く必要はない

海外留学に行く目的が「語学習得」だけ。そのような場合は、必ずしも海外留学に行く必要はありません。

理由は前述したとおりです。

英会話教材、オンライン英会話、英会話スクールなど、今の時代は本当に優れた語学学習のためのツールが存在します。

例えば、「ネイティブの先生と英会話を楽しみたい!」と思えば、DMM英会話のような大手オンライン英会話スクールに申し込めばすぐに実現できます。

優れた英会話教材が必要であればプライムイングリッシュを購入すればいいでしょうし、本気で英会話をマスターしたいのであればライザップイングリッシュで英語学習にコミットすればいいわけです。

つまり、英会話をマスターしたいという目的だけであれば、わざわざ海外に飛び出さなくても日本国内で事足りるというこです。

海外留学の価値は「自分自身の成長」にある

僕は2年半、カナダに海外留学に行っていました。そこで得たものを振り返ってみると、語学力もそうですが、何よりも「自分自身の成長」なんだと思います。

日本を飛び出す前は、「海外で暮らしていけるんだろうか?」と不安だった自分。

そんな自分が海外留学を終えるころには、

  • 一人で海外から別の海外の国にいくことができる
  • 一人で海外のレストランで食事を取ることが出来る
  • 一人でフラッと海外のバーで飲むことができる
  •  一人で海外のアパートと賃貸の契約を結ぶことが出来る
  • 一人で海外の携帯会社と契約を結ぶことができる

などなど。

これまで出来なかったことが出来るようになることは自分自身が成長しているということです。

ここに海外留学の価値が存在します。

海外留学の経験はキャリアアップに有利に働く

グローバルな人材になれる、というとカッコつけ過ぎかもしれません。ですが、海外で暮らした経験は、今後のキャリアを歩むうえで大きなアドバンテージとなります。

例えば、就職・転職をした会社の中で海外勤務が出来る人材が急に必要になった場合、白羽の矢が立つ可能性が大いにアップするでしょう。

通常、海外勤務を任させる人材というのは社内においても重要な位置を占める存在として認知されます。そんな存在になることができれば、キャリアアップに有利に働くことは言うまでもありません。

キャリアアップを着実に進めて行くためには、社内において様々な仕事を任せてもらい、それを実行しなければいけません。しかし、会社の中で、

「私はできます!」

「私ならこれをやれます!」

と声をあげるのであれば、そこに裏付け材料がなければ誰も話を聞いてくれず、実行以前に仕事を任せてもらうことすらできません。

そこで必要になるのが「経験」です。

「経験」こそが「私なら出来る!」ということ客観的に証明する強い武器となるのです。

海外留学はアーティストのライブのようなもの

まだ海外留学に行く意味についてピンとこない方は一度想像してみてください。

例えば、あなたには大好きなアーティストがいます。本当に大好きで、ライブがあれば必ず観に行きたいと思っています。

そのライブに行く、ということこそ、まさに海外留学なのです。

なぜなら、純粋にアーティストの「歌」だけを聞きたければCDやオンラインの音楽サービスで事足りるからです。

それでもライブを観に行くのはなぜですか?

高いお金を出してチケットを買って、時間の都合をつけてライブハウスに足を運ぶ理由ななぜでしょうか?

きっとそこには、「実際に見た!」という体験や、ライブならではの迫力や躍動感を体験したいからではないでしょうか?

海外留学もまさにそう。

純粋に英語だけを学びたけば国内で十分ですが、それ以上の「体験」という価値がそこにあるからこそ海外留学に行く意味が存在するのです。

まとめ

2018年になった今も海外留学に行く意味ついて書いてみました。いかがでしたでしょうか?

海外留学中は様々なことを経験することができます。外国人の友人ができたり、英語が上達してきたり、本でしか見たことがなかった場所に行けたり、様々な嬉しいことや楽しいことを経験しするだけではなく、友人との別れ、日常生活のトラブル、金銭的な苦労や文化の違いによる悩みなど、様々な辛いことも経験します。

だからこそ、そこに価値があるのです。

日本にいては経験できなかったことが経験できるからこそ、その経験を通じて自分自身を成長させることができます。

海外留学に行く意味は2018年になった今も十分に存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です