海外留学生の就職先に外資系企業をオススメする3つの理由

海外にいる留学生が就職先に求める条件は色々あると思いますが、

  • 英語が活かせる
  • 高い報酬である
  • 将来のキャリアの可能性が広がる

という条件は譲れないと思います。

であれが、一番オススメの就職先は外資系企業です。

今回の記事では、僕が外資系企業を留学生の就職先としてオススメする理由について書いてみたいと思います。

海外留学生の就職先に外資系企業をオススメする3つの理由

①:英語を活かすことができる

そもそもですが、留学生が留学を決意した理由は「英語が話せるようになるため」でしょう。せっかく高いお金を投資して海外に飛び出し英語を勉強しているわけです。英語が活かせる仕事に就きたいと思うのは当然のことです。

外資系企業であれば英語を使う機会がたくさんあります。メール、チャット、電話など、英語を使って同僚や上司とコミュニケーションを取る機会に恵まれます。単純にカッコいいです。

まさに憧れていた職場環境で働くことができるわけですから、なんともいえない充実感がそこにあります。

僕の場合、海外留学から帰国してすぐに都内の外資系金融に就職しました。社内ではメールやチャットは英語でしたし、ミーティングや緊急時の電話の場合なども基本的には英語を使っていました。

仕事で英語を活かせる喜びはもちろん、仕事を通じて英語がさらに上達する喜びも感じることができました。帰国後の英語力について不安な人も多いでしょうが、引き続き英語力を伸ばしたいのであれば外資系企業への就職がオススメです。

関連記事:元外資系金融マンが教える外資系企業に転職するメリット

②:高い報酬を得ることができる

海外留学にはコストがかかります。かかったコストはしっかりと回収しなければいけません。

なので、海外留学後の仕事は給料が高ければ高いほど好ましいと言えます。

その点、外資系企業というのは日系企業と比較した時に日系企業よりも高い報酬を提示してくれるケースが非常に多く、これまで高いコストを海外留学に投資してきた留学生にオススメです。

外資系企業が高い報酬を提示できる理由というのは、

英語が話せる=外国人とのコミュニケーションに長けている

このスキル自体が評価されている部分もありますが、日系企業と比較した時にクビ・リストラのリスクが高いことが考慮され、相対的に高い報酬が設定されている場合もあります。

僕が留学後に勤務していた外資系金融の場合、20代半ばでありながら500~600万円のレンジの年収をもらうことができました。その後は外資系銀行へ転職、年収は600万円を超えることができたので、個人的には満足ができるキャリアを歩んだと思っています。

関連記事:【※2018年度最新版】外資系銀行に転職できた僕がオススメする4つの転職エージェント

③:キャリアの可能性が広がる

外資系企業で働いた経験は将来のキャリアの可能性を大きく広げてくれます。

例えば、一度外資系企業で勤務した経験を積んでおけば、外資系のキャリアを持つ人材であることが証明できるようになります。そうすれば、次の転職の際に日系企業だけではなく外資系企業も候補先として選ぶことができます。

加えて、外資系企業では海外出張や海外勤務のチャンスに恵まれます。海外で働いた経験を持った人材は転職市場でも評価が高くなる傾向があり、より良い条件(給与、待遇など)で転職先を探すことができます。

僕の場合も同じです。留学後に外資系企業に勤務したことにより、転職の際には日系企業だけではなく外資系企業からも声がかかるようになりました。

グローバル化が進んできた昨今、将来のキャリアを見据えると、日系企業だけではなく外資系企業でも働くことができる柔軟性を持つことは非常に重要です。

海外留学生が外資系に就職する方法

外資系企業の求人情報の多くは非公開扱いとなっています。非公開の求人案件にアクセスするためには

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 転職エージェントと面談をする
  3. 転職エージェントから紹介される

この3つのステップを踏む必要があります。

なので、海外留学が外資系企業に就職するためにまずやるべきことは、転職エージェントへの登録となります。

MEMO

転職エージェントへの登録は基本的には無料です。

これは、転職エージェントが求人を紹介する先の企業からフィーを徴収するビジネスになっていて、顧客である求職者からは費用を徴収しないビジネスモデルになっているからです。安心して利用しましょう。

海外留学生にオススメの転職エージェント

ネットで転職エージェントを検索するとたくさんの転職エージェントが出てきて、正直どれにしようかわかりません。そこで僕があなたにオススメしたい転職エージェントはJAC Recruitmentになります。

JAC Recruitmentは、僕が海外留学時代に実際に利用していた転職エージェントになるのですが、

  • 海外にいても電話で面談可能
  • これからのキャリアについて丁寧にヒアリングしてくれる
  • 質の高い求人案件を多く持っている
  • マッチングする求人案件を紹介してくれる
  • 担当コンサルタントの方のサポートがしっかりしている
  • 海外勤務の求人案件も揃えている

という点で圧倒的に優れています。

僕が働いていた外資系金融業界の中でも評判が高く、数ある転職エージェントの中でも本当に自信をもってオススメできる転職エージェントです。

帰国後の就職活動が不安な方は、今のうちに登録(無料)しておき、できるだけ早い段階から就職活動をスタートさせましょう。

日本での就職を希望するのであれば、帰国してすぐに面接に挑めるようにしておくとベターです。選考が長引いてしまうと無職の期間が長引いてしまうため、履歴書の見た目の印象が下がってしまいますから。

公式サイト:JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

まとめ

以上、「海外留学生の就職先に外資系企業をオススメする3つの理由」になります。いかがでしたでしょうか。

もう一度オススメする理由を記載すると、

  • 英語が活かせる
  • 高い報酬である
  • 将来のキャリアの可能性が広がる

となります。

海外留学生の方はぜひ外資系企業へチャンレンジしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です