外資系金融でセレブのような生活を目指すならIBD(投資銀行部門)に転職しよう!

外資系金融で得られる報酬というのは、日系の企業と比較すると高い傾向があります。

例えば、一流外資系金融のIBD(投資銀行部門)ではボーナスなどを含めると年収1,000万円を軽く超えることも可能です。

そのため、外資系金融で働いている人=セレブのようなイメージができていたりするのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

今回の記事ではそのことについて少し触れてみたいと思います。

外資系金融で働く人はセレブなのか?

外資系系金融で働くことができる人はセレブ。

そんなイメージが世間にはあるようですが、

「そもそもセレブというのは何なのか?」

ということをはっきりさせなければいけません。

僕たちが普段日常生活の中で描いている「ふわっ」としてセレブの像というのは

  • 白金などに代表される高級エリアに住居を構える
  • 好きな時に高級レストランで食事をする
  • 高級ブランドに身を包んでいる

というものではないでしょうか。

ざっくり簡単に言ってしまえば、

金銭的に圧倒的に余裕がある

そのような人物が、僕たちが持つセレブのイメージではないのかなと思います。

セレブのイメージを持つIBD(投資銀行部門)

外資系金融の中には様々な部門が存在します。

その中でもIBD(投資銀行部門)は花形部門のような存在です。

それもそのはず、IBDで働くような人は非常に素晴らしい経歴を持っていて、なおかつ肉体的にも精神的にもタフに働くことができる人材です。

まさに、ビジネスパーソンとして全てを兼ね揃えたようなエリートが働くことができる部門です。

数ある外資系金融の部門の中でも一番セレブの匂いがするのがIBDであることは間違いありません。

圧倒的な報酬が得られるIBD(投資銀行部門)

正直、IBDでもらえる報酬は圧倒的です。

多くのビジネスパーソンが年収1,000万円越えを目指す中、この部門で働く人たちは5,000万円、1億円と、さらに上を目指して働いています。

ボーナスを含めると年収5,000万円になった、という話も知人からよく聞きます。

年収5,000万円というと、ちょっとした小さな会社の社長レベルの報酬です。

派手で優雅な外資系金融のイメージというのは、まさにIBDの人たちを指しているわけです。

とはいえ、外資系金融はIBD(投資銀行部門)だけではない

このような報酬から考えると、確かに外資系金融で勤める人というのはセレブだと思われても仕方がないかもしれません。

しかし、外資系金融の中はIBDだけでまわっている訳ではありません。

IBDの他にもディーリング、リサーチ、リスクマネジメント、コンプライアンス、オペレーションなどの様々な部門が存在します。

それらの職種でもらえる年収というのは、日系企業よりは比較的高い傾向にあるものの、実際は年収1,000万円から2,000万円の間の報酬でしかありません。

そこから社会保険や税金で引かれる分を考慮すると、実際の手取りって結構少ないです。

これでセレブな生活ができるかどうかと聞かれると、少し「?」と思わざるを得ません。

もしかすると、年収2,000万円ってすごいようなイメージがあるかもしれませんが、実際はちょっといいところに住んで、ちょっといい車を買ったらもうそれで終わるような稼ぎです。

セレブというのは圧倒的な金銭的余裕を持つような人なのですが、これでは全くセレブではありませんよね…。

セレブを目指したければIBD(投資銀行部門)を目指そう!

ということで、本当にセレブのようなライフスタイルを目指すのであれば、外資系金融ではIBDを目指すのが正解です。

IBD(投資銀行部門)でバリバリ働いて、そして年収5,000万を目指す。

セレブのようになるためには、これが一番現実的な道のりです。

外資系金融を目指す人は覚えておきましょう!

絶対に登録しておくべき4つの転職エージェントとは?

世の中にはたくさんの転職エージェントが存在します。

転職というのは自身の今後のキャリアの方向性を決める大きな決断となるため慎重な選択が求められます。そのため、ついつい数多くの転職エージェントに登録をしてしまいがちになるのですが、僕自身の体験から言えば、ある程度大手の転職エージェントを押さえておけばそれで十分かと思います。

残念ながら、小規模の転職エージェントでは満足がいくような案件を紹介してもらうことができず、下手すればキャリアダウン(給与、待遇、勤務地、会社名など)となる案件が多かったのでオススメできません(※あくまでも個人的な体験ですので全ての転職エージェントさんがそうであるとは限りません)。

ということで、自身の体験から絶対に登録しておくべき転職エージェント4社を以下にまとめておきます。外資系企業・外資系銀行への転職を希望している方の中で、もしまだ登録をしていない人がいれば必ず登録しておいてください。

1. JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

JAC Recruitmentは、日本で28年の転職支援実績がある転職エージェントです。国内、外資系の求人案件に強いだけではなく、海外の求人案件にも強いネットワークを持っており、外資系金融だけではなく外資系企業の求人案件全般に強いことが特徴です。

業界内の評判も非常に高く、外資系企業への転職を通じて今後のキャリアアップを目指すのであれば絶対に登録しておくべき転職エージェントです。

担当コンサルタントの丁寧なヒアリングときめ細やかなサポートも非常に満足度が高く、心から納得できる転職活動をおくることができるはずです。

海外留学経験があり、英語が話せるようなグローバルな人材だけではなく、これからマネジメント・エグゼクティブ職を目指す方にもオススメです。

公式サイト:JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

2. Recruit Agent


リクナビ、リクナビNEXTなどで同じみのリクルートキャリアが運営する転職エージェントサービスになります。国内案件に強いというイメージがありますが、実は外資系金融・海外案件も紹介案件として豊富に取り揃えています。

国内大手の転職エージェントだけあって、サポート、案件数、ノウハウ、全てがトップレベルといってもいいでしょう。

特に案件数に関しては非常に豊富で、思わぬ優良案件に出会えることも。

口コミ評価も軒並み高く、これから転職活動を始める方は登録しておきたい転職エージェントです。

公式サイト:リクルートエージェント

3. ロバートウォルターズ

外資企業への転職を考えている方であれば一度は聞いたことがある転職エージェントではないでしょうか。外資系企業への転職に非常に強く、転職エージェント業界の中では確固たる評判と実績があります。

ロバートウォルターズが紹介可能な専門職種・業種は15種類と幅広く、世界中に支店を置くグローバル企業や業界のリーディングカンパニーからの求人案件を取り扱っています。

その中でも外資系金融(外資系証券、外資系銀行など)のようなハイクラスなグローバル企業の非公開求人案件が非常に豊富です。

外資系金融業界への転職を考えているのであれば必ず登録しておきましょう。

公式サイト:ロバート・ウォルターズ公式サイト

4. クライス&カンパニー

クライス&カンパニーは、とにかく求人案件のレベルが高いことが特徴。外資系金融関連の求人案件で言えば、M&Aアドバイザリー業務やPEファンドのアソシエイトなど、金融業界の中でも花形と言われているポジションの求人案件を多数抱えています。

他にも、ボストンコンサルティンググループ、A.T,カーニー、アクセンチュア、アビームコンサルティング、ドリームインキュベーターなど、外資系金融を狙うビジネスパーソンであれば一度は転職候補先として考えた一流企業への紹介先実績もバッチリ。求人案件のレベルは圧倒的です。

また、クライス&カンパニーは30代の転職に強く、これからマネージャーとして新しいステージで活躍を希望するのであれば、これほど頼りになる転職エージェントは他にありません。

国家資格認証であるGCDFを取得したキャリアコンサルタントのクオリティは非常に高く、満足度の高い転職活動を実現させることができます。

ビジネスパーソンとしてそろそろ年収1000万円越えを目指すのであれば、絶対に登録しておきましょう。

公式サイト:クライス&カンパニー公式サイト

まとめ

IBD(投資銀行部門)で求められる能力と仕事量は半端ありませんが、得られる報酬は半端ではありません。

セレブのようなライフスタイルを実現させるため、ぜひ挑戦してみることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です