【※必見】都会から田舎に帰った人が辛いと思ってしまう9つのこと

ライフスタイル

一旦都会に出てから田舎に戻る。

そこでカルチャーショックのような経験をしたことありませんか?

一度都会の便利さを知ってしまうと、あれほど親しんでいた田舎生活でさえも辛いと感じてしまうことってありますよね。。。

今都会に住んでいる人の中には、

「将来は田舎でのんびり暮らしたい」

という想いを持っている人もいるでしょうが、理想のイメージだけで田舎に戻ってくと想像以上に辛いことがあるので注意が必要です。

ということで、今回の記事では「都会から田舎に帰った人が辛いと思ってしまう9つのこと」について書いてみたいと思います。

都会から田舎に帰った人が辛いと思ってしまう9つのこと

田舎の移動手段は車しかない!

田舎の移動手段は基本的にです。

公共交通機関が発達していないため、電車やバス自体が通っていない場所がたくさんあります。

一つ一つのお店や施設が離れているため、 車を持っていなければコンビニやスーパーでさえも行くことができません。

自転車という手もありますが相当な時間がかかってしまうため現実的ではありません。

結局、車一択となります。

車を所有すると、これまでの都会生活では必要なかった車やガソリン代、車検代や車両保険代などの出費が増え、都会で生活するよりも生活コストが上がる可能性があります。

田舎にはイケてるレストランがない!

基本的に田舎にイケてるレストランはありません。

例えば、六本木や銀座にあるようなジャズが流れるオシャレなバーやカフェ。

そんなものはありません。

久しぶりにおしゃれして夕食に出かけたいな〜と思っても、田舎にあるレストランといえば、

  • ガスト
  • スシロー
  • くら寿司
  • びっくりドンキー

などのチェーン店ばかりです。

チェーン店が悪いわけではないのですが、都会に比べると選択肢が圧倒的に少ないというのは寂しさを感じます。

田舎では飲みに行っても電車で帰れない!

都会では公共交通機関が充実しています。

東京であれば夜の23時を過ぎてもまだ電車が走っていますよね。

飲みに行ってもそれなりに時間の余裕があります。

田舎の場合、そもそも電車自体が存在していませんので、飲みに行った帰りはバスか自家用車を利用するしかありません。

バスは19時を過ぎるとほとんど走っておらず、結局、選択肢は自家用車となります。

ですが、飲んだ後の運転はダメ。

代行を頼むことになるのですが、これが結構痛い出費になります。

例えば、居酒屋でサクッと飲んだとしても大体一人1,500円から2,000円。

ここに代行の料金を入れるとさらに2,000円ほどかかりますから、結局トータルすると2倍の飲み代となるわけです。

であれば、

「もう家で飲んじゃおう!!」

となります。

そのおかげか知りませんが、田舎の人間は都会の人間以上に居酒屋・飲み屋離れが進んでいます。

田舎で暮らすのであれば、仕事帰りにサクッと飲んで帰ることは出来ないと思っておいた方がいいでしょう。

田舎には歩いている人がいない(だから外を気軽に歩けない!)

実は田舎では外を歩いている人はほとんどいません。

それはなぜか?

みんな車を使って移動をしているからです。

一家に一台ではなく、一人一台。

これが田舎の車の所有率です。

そのため、外を歩いていると物凄く変な風に見られてしまいます。

車で通り過ぎる時に「ジ〜〜〜〜」っと見つめられ「何をしているんだ?」という視線を浴びてしまいます。

田舎に行ったら外をジョギングしようとかウォーキングを楽しもうと思っている方もいるかもしれませんが、周囲や近所の視線が気になって結局諦めることになるかもしれません。

外を歩くのにも強いメンタルが必要ですので気をつけましょう。

田舎はとにかく外が暗い!

写真を撮ってお見せしたいくらいなのですが、田舎の外は真っ暗です。

街灯はポツンポツンと付いているのですが、ハッキリ言ってそれだけで十分な明るさであるとは言えません。

冬になれば夕方17時には真っ暗です。

夜道を歩く時は必ず懐中電灯と蛍光のジャケットが必要になります。

ちなみに、昼間に歩いていても好奇の目で見られるのですから、夜道を歩いていたらもっとジ〜〜〜〜っと見られます(車を運転している人が轢いてしまわないように注意しているのもありますが)。

田舎は虫が多い!

外が暗いため、家の灯りに虫がたくさん寄ってきます。

に夏は悲惨です。

コンビニのドアには無数の虫の残骸が。。。

虫が嫌いな人にとってはお店に入るのも一苦労です。

冬も油断してはいけません。

カメムシがドアや窓の隙間から家に入ってくるため、知らない間にカメムシを踏んでしまい、悪臭に悩まされることも。

慣れればどうってことないのですが、虫が嫌いな人にとっては田舎暮らしは苦痛に感じることが多いかもしれません。

田舎は動物が多い!

車で走っていると、タヌキ、キツネ、猫、鹿、猿、イノシシに出会います。

夜道を運転中はぶつからないように細心の注意を払う必要があります。

僕の家の庭には鹿と猿がでます。

鹿の鳴き声で夜中に起きることも。

もはやリアルに動物園です。

子供にとっては良い環境かもしれませんが。

田舎はホワイトカラーの仕事がない!

「田舎でのんびりしたい!」

という人にとって一番のハードルが「仕事」かもしれません。

いわゆるホワイトカラーの仕事が圧倒的に不足しています。

肉体労働、ガテン系は男性の仕事で、事務系や介護は女性の仕事というのが田舎の典型的な求人案件。

最近の求人状況はわかりませんが、大手企業の工場への派遣や運送系が強い印象です。

都会でIT系(SEやエンジニア)の仕事をしていたような人には満足できる求人案件がないかもしれません。

田舎では友達が作りにくい!

自分で言うのもなんですが田舎の人は閉鎖的です。

都会の人に対する警戒心もそうですが、都会へのあこがれや嫉妬など、複雑な感情が混ざってしまうため、どうしても自己防衛の姿勢をとってしまうのです。

そもそも地元でずーっと地元の人たちとしか接する機会がなかったため、

他所の土地からきた人に対してどのように接していいのか分からない

ということもあります。

ただ、一度心を開いてくれると、こっちが遠慮するくらい親しく接してくれるのも田舎の人の特徴。

都会のドライな付き合い方を離れ、少しウェットでおせっかいな距離感で付き合う方が上手くいくこともあります。

都会の「当たり」前は田舎の非日常。

いつまでも都会の感覚で人と接していると中々友達が出来ないので注意しておきましょう。

まとめ

以上、「都会から田舎に帰った人が辛いと思ってしまう9つのこと」になります。

こうして書くと、「田舎で暮らすことって微妙?」と思われるかもしれませんが、慣れればどうってことありません。

むしろ、田舎には都会では経験できないことがたくさんあり、結構楽しい毎日を送ることができます。

田舎でも都会でもそうですが、嫌なことを一つ一つ挙げていけば、どこに住んだとしても同じです。

そういった嫌なことフォーカスをするのではなく、少し視点を自分に向けてみる。

そういう心の余裕を持つようにするといいかもしれません。

コメント