売れない営業マンが顔を背けているたった一つの売れない理由とは?

世の中の仕組みは複雑そうで実は単純です。求めている”答え”は意外と目の前にあります。今日はそんな話を一つご紹介したいと思います。

あなたが営業マンとして「売れない」理由

営業職として配属されて数か月も経てば、「売れる」「売れない」営業マンの差が出始めてきます。

僕も新卒で証券会社の営業マンとして入社しましたので、「売れない営業マン」の状態の悲惨さは嫌でも理解しています。朝の朝礼の上司からの罵倒、同期からの冷たい視線、ガチャ切りされるテレアポ、クソ暑い中ひたすら続ける飛び込み営業。

こんなことが毎日続くと、精神的に追いつめられてきます。

追いつめられた結果、次に考える事といえば

  • 転職
  • 自己啓発セミナーへの参加

これが大多数の方が取る行動ですが、ここで冷静にならないといけません。

安易な行動を起こす前に自分と向き合おう

まずは、

なぜ、あなたが「売れない」のか?

これを自分自身できちんと考える必要があります。

売っている商材に魅力がない。。。

こんな商品、一体誰が買うんだよ。。。

そんな風に思う営業マンの方もいます(僕も営業マン時代に何度も思いました)。

とはいえ、同じ社内には売れている営業マンもちゃんと存在しているのも事実です。売れているから、その商品が世の中に出回っているわけですし、売れているから会社はあなたを雇用できています。

つまり、結局は営業マンとしての自分の努力や工夫がまだまだ足りていないということなのです。ここから目を背けるからいつまで経っても根本的な解決策が見つからないのです。

売れない状態が続くと焦りが出てきたり、精神的に追い込まれる状況になります。ですが、難しく考え過ぎです。できない原因を外側に求めすぎです。

もっとシンプルに考えるようにしてみましょう。

売れない理由はとてもシンプルです

「売れない」理由って簡単です。

その商品を欲しくない人に営業しているから売れてないのです。

例えばですが、お腹いっぱいの人にお弁当を売っても売れませんし、英語が話せる人に対して英語がペラペラになる教材を販売しようとしても売れません。

商材や会社に文句を言う前に、一度自分が営業マンとして日々どういうお客さんに対して営業をしているか、真剣に見直すべきなのです。

営業は恋愛と似てる!?

この話は恋愛に例えると分かりやすいかもしれません。例えば、自分がどれだけイケメンで魅力的でも、相手の女性がすでに結婚してたり彼氏がいたらアプローチできません。なぜなら、その女性のニーズはすでに満たされているからです。

その女性の立場からすれば、「旦那」や「彼氏」が欲しいとは思っていませんから営業をかけても意味はありません。いくら「僕と付き合うと素敵な人生が送れるよ」とアプローチをしても逆効果です。

見込みにならないお客さんがいるのであれば、その人のことはさっさと諦めて他の営業先を開拓する。これが営業マンになる方法です。

あなたもそんな営業マンになりましょう。

売れる営業マンと売れない営業マンの違いを理解しよう

今の世の中、モノで溢れています。欲しいものはネットですぐに手に入ります。営業マンがモノを売りにくい時代となりました。

飛び込み営業が時代遅れとなりました。そんな手法でモノが売れるような時代ではありません。

ですが、それでも売れる営業マンの人は確かに存在します。この事実から目を背けてはいけません。

売れる営業マンは時間の使い方が上手い

売れる営業マンは、「その商品を欲しがっている人」を見つけるのがとても上手です。

ただやみくもにテレアポや飛び込み営業を行うのではなく、きちんとリサーチした上で行います。これが、ただ単に『作業』としてテレアポや飛び込み営業をしている売れない営業マンとの決定的な違いです。

売れる営業マンは売れない営業マンと同じ時間を使い、できるだけ多くの見込み客にアプローチをします。つまり、時間あたりに稼ぐ金額が大きいのです。

営業マンたるもの、見た目やトークも大事です。だらしない格好で客先に行って仕事なんて取って来れるはずがありません。でうが、大前提として『その商品を欲しくない人』のところにどれだけ足を運んでも意味はありません。

その商品を欲しがっている人、欲しいと思うであろう人を見つけましょう。そこに気付かないと、あなたはいつまで経っても売れない営業マンのままです。

まとめ

まとめると、売れる営業マンになるためには頭を使う必要があるということです。やみくもに、作業として仕事をこなしていては求める結果を得ることはできません。

足を使って数をこなすことも大切ですが、同時に頭も使いましょう。

モノが売れない時代です。馬鹿正直に真正面から正攻法で突破することも大切ですが、迂回路はないか、他の近道はないか、何か乗り物がないか、そういった様々なアイデアに考えを巡らせることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です