【※諦めるな!】僕が英語が話せるようになるまでにかかった時間とその道のり

どうもMASAです。

今、英語を話せるようになるために勉強している人は、「一体どれくらいの期間勉強をすれば英語が話せるようになるの?」「英語の勉強を始めて一か月経つんですが、本当に英語が話せるかどうか不安です。。」そんな風に不安に思ったことは一度はあるはずです。

特に、英語の勉強を始めたばかりのうちは中々英語が上達しないので余計に不安になりますよね?

そんな方のために、今回は僕が英語が話せるようになるまでにかかった時間とその道のりについて簡単に書いてみたいと思います。

英語が話せるようになるまでの時間って?

結論から言います。英語が話せるようになるまでにかかる時間ですが大体半年くらいです。

半年間もあれば、「お!?なんだか英語が話せるようになってきたぞ!」と自分で実感できるレベルまでは高めることができますよ。

え?思ったよりも長い?

いやいや、英語が話せるようになれば人生は変わりますからね。

人生を変えるのにたった半年で済むと考えればむしろ短いくらいだと思いませんか?というか、普通あり得ませんよね。

英語が話せるようになることって実はものすごく現実的な人生を変える方法なんだと思いますよ。

英語を話せるようになるまでの具体的な道のり

では、具体的に僕が英語を話せるようになるまでに辿った道のりについて詳しく書いていきますね。

英語の勉強開始~6ヶ月の時期

この時期は英語を勉強していて一番大変な時期かもしれませんね。スポーツでいえば地味な『基礎練習』の段階ですから。

ココを乗り越えることができれば英語力はグーンと伸びるんですけど、残念ながら多くの方がこの段階で英語の勉強を諦めるんですよね。

面白くない、楽しくない、辛い。そう感じてしまって諦めてしまうことが多いです。

まあ、わかりますよ。地味で大変なのは間違いありませんから。

この時期はあれこれ余計なことを考えず、「とにかく半年間は勉強する!」「何があってもあきらめない!」という強い意志を持つようにしてください。

じゃなきゃ、ぶっちゃけやってられませんよ。

インプットを増やすことが大切

この時期は、ひたすら頭の中にインプット(=ボキャブラリー)を増やすことに集中しましょう。

地味な作業かもしれませんけど、今のうちに覚えておけば後で楽になりますから。

ほら、面倒なことはできるだけ先にやった方が後で楽ですよね?

同時にアウトプットも増やす

あと、できるだけ英語をアウトプットする(=英語を話す)機会を作りましょうね。

テレビに向かって独り言でもかまいません。外国人と喋るもよし、シャドーイングするもよし、オンライン英会話を使うもよし。大切なことは「英語を実際に使ってみる」ということ。

下手くそでも間違っていても構いません。とにかく喋るという事が大切になります。

関連記事:【※必見】英語が話せるようになるために必要なたった2つの勉強方法

恥ずかしがらずに英語を話そう

この時期の英語のスピーキング力は恥ずかしいくらい貧弱なんですよね。まだ自分の脳が英語には慣れておらず、いちいち頭の中で日本語を英語に翻訳するから時間もかかりますし。

どんな人でも会話の途中で詰まってしまって「んー、んー、ハウ キャナイ セイ?(えっと、何ていったらいいのかなあ)」そんな状態に100%なります。

でも、それでも恥ずかしがってはいけません!

この時期は英語なんて話せなくて当たり前。開き直りましょう。

とにかく絶対にここで諦めてはダメ!

この時期は英語力がまだついていませんから、「なんでこんなことも話せないんだろう。。。」「私の英語力ってホント全然。。。」そんな風に落ち込むこともたくさんあります。

ぶっちゃけ、英語の勉強を諦めたくなるようなことが頻繁に起こります。

でも、それだけは絶対にやめておきましょうね。

諦めずに勉強をし続ければ英語力は半年を過ぎる段階から一気に伸びますから。

とにかくこの苦しい時期を耐えることが必要です。

耐えろ、耐えろ、耐えろ!!

これですね。

あ、どうしても苦しくなったらお問い合わせフォームから悩み相談してくれてもいいですよ。

6ヶ月〜1年の時期

頑張ってコツコツ勉強してきた努力が実る時期です。

もしあなたがここまで勉強できたとしたら「やりましたね!」とほめてあげたいです。

この時期ってめちゃめちゃ楽しいんですよ。

「え?、私今英語がペラペラ喋れてるよね!?」

「ん?なんだか今までよりもスラスラ言葉がでてくるぞ!」

そんな事を自分の身をもって体験できる期間ですからね。

これまでの苦しい努力が実る時期

この期間は人間でいえば『成長期』みたいなもので、一気に英語力が伸びてきます。

これまでコツコツ勉強していた点と点が一気に線となって繋がってきます。

「なるほど!こういうことだったのか!」

そういう気づきを得ることが出来ます。

まさに、これまでの苦しい努力が実る時期であるとい言えます。

この時期は何をしてもすぐに上達を実感できます。

今までの基礎勉強から離れて、少し難しい単語やアカデミックな表現を中心に勉強をすると英語力をさらにレベルアップさせることが出来ます。

ちょっとした慣用句やスラングをインプットしておくとオシャレです。

僕が英語を話せるようになったことを実感した体験談

僕はこの時期に体験した感覚は今でも忘れることができません。

ある日、いつものように韓国人の友達と英語で話していたら、「あれ、今日はやけにスムースに英語を話せるな〜」という状態に突然なってしまいました。

最初は「たまたまなのかな〜。」とか「今日は頭が冴えているなあ。」と思っていました。

でも、それがずっと続くのです。

次の日も、またその次の日も。それがずーっと続きます。

そして、その時に実感したのです。「うわ、本当に話せるようになっている!」って。

この時の嬉しさ、そしてその感覚は今でも忘れることが出来ませんね。

あなたも体験したいと思いますよね?

だったら今が苦しくても頑張るしかありません。

英語の上達は半年を一つの目安にしてみよう

英語を話せるようになるためには最低でも半年間の努力が必要と言われていますが、自分で体験してみてこれは本当だなと思います。

英語力って一次関数のグラフのようにずーっと一定に右上がりじゃないんですよね。

むしろ二次関数的に、ある一点を境にグンって伸びてきます。

「なるほど!!そうだったのか!!」そんな風に点と点が線になり、爆発的に英語力が伸びます。

今英語を勉強している方は「自分でも話せるようになるのかな。。。。」そんな風に感じでめちゃめちゃ不安だと思います。

ですが半年間一生懸命勉強をすれば必ず英語は話せるようになります。

絶対に諦めないでください。

1年〜1年半の時期

この時期は英語の伸びが少し鈍化します。階段の踊り場にたどり着いたような感覚ですね。

思っているように英語を話す事ができず「あれ、おっかしいなあ….」と落ち込む事もあります。

でも、この時期にきちんと勉強すれば、後でまたきちんと自分にかえってきますので心配はご無用。

『勉強スタート〜6ヶ月』の時期と同じで、我慢の時期がやってきただけなのです。

初心を忘れない姿勢が大切

そもそも、なぜこのような時期が訪れるのかと自分なりに分析すると、『ある程度の会話のパターンがすでに頭の中で確立された』からです。

どういうことかといえば「How are you!?」と聞かれた時に

  • 「I am fine」
  • 「I am pretty good」
  • 「Well, not bad」

のように、答えの候補がすでに脳の中で準備されている状態がすでに完成しているので、新しく学んだイディオムや単語が答えの候補として定着せず、なんだか伸び悩んでいるような錯覚を受けるのです。

この時期をうまく乗り切るためには、初心を忘れずに新しくインプットした英語をきちんとアウトプットするという基本に立ち返る事が大切になってきます。

1年半〜2年の時期

伸びます。以前ほどの急角度ではないにしろ確実に伸びてきます。

この辺までくれば日常生活の中でほとんど苦労することがない英語のレベルになっているでしょう。

細かい話ですが、携帯電話の契約内容、メンバーズカードの会員規約、映画館の注意書きなど、ちょっと難しかった英語の内容も理解できますよ。

かなり細かいニュアンスで言いたい事を言えるレベルになっているので、英語でのディスカッション、ミーティング、面接等もほぼ問題なくこなせるはずです。

やらなくてもいいですが、英語での喧嘩?もできるでしょう。

外資系企業の中で問題なく働けるレベルはこの辺りですね!

まとめ:成功体験を積むことが大切!!

今回の記事では英語が話せるようになるまでにかかった時間とその道のりについてまとめてみました。

人生って成功体験を積むってことが大切ですけど、英語が話せるようになるということも成功体験の一つですよね?

英語が話せるようになって成功体験を手に入れましょう。

この成功体験がある人はめっちゃ強いです。

「こうやってやれば絶対にできるようになる!」「これだけの努力を積めばこれだけのことができる!」そんな確固たる自信と経験が自分の中にあれば、また同じ成功をすることが容易になりますから。

英語の勉強をしていると不安な気持ちにおそわれることもあります。「自分にはできるのだろうか?」「本当に英語なんて話せるようになるのだろうか?」そんな風に疑心暗鬼になることもあるでしょう。

そりゃ簡単なことじゃありませんよ。英語が話せるようになるということは人生を変えることを可能にしてくれるんですから。

英語の勉強をしているといろいろ辛い時もありますが、僕みたいにTOEIC模擬試験200点台の人間でも英語が話せるようになったんですよ?

あなたに話せないはずがありません。

絶対に英語は話せるようになります!

なので諦めずに勉強を続けていきましょうね!

 

あなたが英会話初心者なら

⇒英会話初心者向けの講座はコチラ

当ブログがオススメする教材&サービスはこちら

⇒オススメの教材&サービス一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です